「セブ島留学生を絶対に守る」新型コロナウイルスによる肺炎対策 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2020.01.27

「セブ島留学生を絶対に守る」新型コロナウイルスによる肺炎対策


フィリピンでも中国の新型コロナウイルスの警戒をしています。QQEnglishの体制を少しお話させてもらいます。今、水際作戦を進行中です。今は感染している生徒さんはいませんが、今後も万全の体制を引いて行きます。

【ジャパニーズヘルプデスク】
セブ島にはセブドクターズ病院と言う大学病院に併設されたジャパニーズヘルプデスクがあります。ジャパニーズヘルプデスクさんは急な病気やケガの際も安心して病院で診察して頂けるようにサポートしてくださる施設です。





【セブドクターズ病院からの指導】
QQEnglishではセブ・ジャパニーズヘルプデスクさんと連携して予防を行っています。今回はコロナウイルスの対策のために直接セブ・ジャパニーズヘルプデスクさんに出向き、セブで有名なビンボー先生から指示を受けました。




【マスクを1万枚準備】
今できることは、ウイルスを感染させないための予防だそうです。QQEnglishではビンボー先生の指導の下、対策を始めました。生徒さんに接する受付スタッフやガードマン、キッチン、掃除のスタッフはマスクを義務付けています。そして、希望する生徒さんにも無料でマスクを配るようにしました。セブ中で売り切れてしまっているマスクもQQEnglishは初動が早かったので10000枚確保できています。

【消毒の徹底】
そして、消毒の徹底です。トイレにある石鹸は除菌ができる石鹸に変え、常に、アルコールのスプレーで消毒しています。やりすぎなぐらいが丁度いいと思っているので、生徒さん以外のスタッフ先生もしっかりと消毒を義務付けることにしました。



【中国人生徒を受け入れない】
現在、新しく中国からくる生徒さんは、武漢からの生徒さんだけでなく、すべてお断りしています。すでに来ている中国からの生徒さんにはマスクの着用を義務化して、更に朝晩の体温チェックをお願いしています。潜伏期間が3日から1週間ほどなので今、症状が無い生徒さんは、問題ないのですが、念には念を入れることにしました。

【最大限の注意】
セブ島留学の良いところは事前にどの国のどこの場所から生徒さんが来るかわかるところです。留学前にしっかりと調べてから留学を受け入れています。日本に来ている中国人観光客と比べるとセブ島に来ている中国人は少ないですが、安心はできません。これからも注意深く対策をしていきたいと思います。


【過去のブログ】
ブログを毎日更新しています。良かったら読んでみてください!
2020年1月 CEOブログ一覧ページ
2019年12月 CEOブログ一覧ページ