QQEnglishで行なっていますprogress testのご説明をいたします。

 

こんにちはHIDEです。


QQEnglishでは生徒さんの英語力向上の指針にしていただけるように4技能のprogress testを実施しております。4週間以上留学の生徒さんは4週間ごとに行われ、3週間や2週間の留学の生徒さんでも留学最終週にprogress testを受けていただくことができます。今日はそのprogress testがどのようにアナウンスされて、生徒さんが受けることができるのかご説明いたします。

 
 

掲示板を見てください。

QQEnglishシーフロントキャンパスでは基本的に生徒さんへの情報発信は掲示版にて行います。そこには学校内の各種注意事項やイベントなどが掲示されているのですが、今週どなたがprogress testを受けるのかなどの情報も発信しております。基本的に水曜日はスピーキングテストで木曜日はリーディング、ライティング、リスニングのテストとなっております。張り出されているからといってナーバスにならないでください。




水曜日、木曜日共に18時30分からスタートです。スピーキングテストの際は一度スタディールームに受験者は集められ、テストを受けていただく場所に移動する形となります。テストでは生徒さんが1枚ずつお題が書かれてある裏返してある5枚カードから1枚を選びそのお題に対して説明します。どのようなお題があるのかここではお教えすることはできませんが、数ヶ月に一度カードは全交換されますので、同じカードを何回も引いてしまったということは極力避けるようにはなっております。




スピーキングテストを行う先生の数に限りがありますので、受験者の生徒さんを何組かに分ける場合もあります。早めにスタディールームに行っていただければ、始めの方の組になり早く終わることができます。テストは10分から15分ほどで終わり、先生たちはすぐに採点に取り掛かります。

2日目

水曜日のスピーキングテストが10分から15分ほどで終わってしまうので、こんなもんなのかと感じてしまう生徒さんも少なからずいらっしゃいます。しかし、本番は木曜日のリーディング、ライティング、リスニングです。こちらは、1時間フルに使ってテストを行いますので、テストで燃え尽きてしまって復習に手がつかなくなることがしばしばです。




生徒さんはTOEICさながらのテストを受けることができます。もちろん毎度テストの内容は異なっていますので、同じ問題で楽々解けてしまったというのは絶対にありません。普段自習室として使っている部屋を使用してテストを受けていただくので、そこまで緊張はしないと思います。全てのスキルの試験を受けていただきましたら結果は翌金曜日の午後に受け取ることができます。自分がどこが弱いのか、文法はどこを重点的に勉強した方がいいかなど先生たちのコメント共に記載されており、今後の勉強の目標設定をしやすくしています。

編集後記

もし仮に病欠やビジネス上の関係でテストを受けることがで行きなくても救済処置として翌週に受けることができますが、基本的に留学最終週や4週間ごとと決まっております。留学最終週にprogress testを受けていただき留学後もQQEnglishのオンライン英会話で英語力を向上していただけたらなと思います。 HIDE

 

関連記事一覧