利用者の声~ボディメイク体験談

シーフロント校での留学生活の中で何を感じ、どのような変化がおこっているのか。卒業生の体験談をご紹介いたします。

  • HOME
  • レビュー
  • 日本では味わえない低価格で高品質なトレーニング!(T.I様)

T.I様 医師

日本では味わえない低価格で高品質なトレーニング!(T.I様)

ボディメイク・ストロングプランの感想

医師である私がbodymake strong planに申し込んだ理由!


医師という職業から皆さんは「お医者さんは英語が話せるだろう」と思う方は多いと思いますが、実は私を含め英語を苦手としている医師、医療スタッフは多いのが事実です。

仕事の合間に時間がとれないなか、英語の勉強を継続するのは難しい一方で、国際学会の参加や昨今の外国人患者様が増加するなか、「英語が話せない」という現実から目を背けるわけにはいきませんでした。

また、運動する時間もなく、糖尿病や栄養学を専門としている自分が知らないうちにメタボリックシンドロームになり、患者様から「先生こそ痩せなきゃ!」と逆に心配されるようになりました。仕事の都合により時間があるいま、「英会話能力向上と健康管理維持」の一石二鳥が望めるQQEnglishにと、申し込みました。

とにかく、ジムのトレーナーがとてもフレンドリー!


私が滞在した4週間のうち最初の2週間はMr.Wilkieというトレーナーに教わりました。彼は世界で展開されているトレーニングジム「GOLD GYM」に所属していた過去もあり、適格なレジスタンストレーニング、エアロビックトレーニングを優しく教えてくれました。筋肉痛がひどいときでもどの程度なのか?痛みは心地よいのか、ひどい痛みなのか?を尋ねていただき、筋肉の張りをみて重量負荷量や回数を判断してくれます。また、スポーツ栄養学のライセンスも持っており、食事の摂取方法、水分摂取のタイミンク゛、サプリメントの内服方法など知識はプロフェッショナルでした。また、もう一人のトレーナーのMr.Makもシャイではありますが、とても優しく私たちに接してくれました。英語に自信がなくても二人ともわかりやすい単語とジェスチャーをしてくれますので問題はありませんでした。

体脂肪が-3%減!

4週間の結果は体重-2kg、体脂肪率-3%と一見、変化のないように思えますが、明らかに全身の筋肉量が増え、見た目も変わったと他の友人には言われ自分自身腰痛や肩の痛みも軽減しました。日本の「肥満症診療ガイドライン2016」でも「3-6か月で現在の体重から3%の減量を目標にする」と強く勧められており、健康的にリバウンドをしない体作りができたと言えるでしょう。

一般的な注意

ボディメイクプランに参加されるのであれば、注意してほしいことがあります。腎疾患を持ち高蛋白質食を禁じられている方、心血管病変をお持ちの方、糖尿病で血糖コントロールが不安定、網膜症や自律神経障害のある方、血圧が不安定なかた、関節や骨格に障害をもつかたなどは主治医の意見を聞き参加をお勧めします。食事内容についても、一人一人の体型や疾患にあった食事を提供することは今後の課題であると同時に難しく(それはQQ Englishに限らずどこでも言えることではあります)、また近くに病院はあるものの、必ずしも日本と同レベルの医療が受けられる保証はないため、何らかの持病を持っているかたは注意したほうがいいかもしれません。

最後に

QQEnglishの英語留学でフィリピン人の先生と、また海外の友人をつくるとてもいい経験になりました。さらにボディメイクプランを加えることでジムトレーナーともとても仲良く、楽しくすごすことができました。また、ヒーローである須藤元気先生にも貴重なお話しができたこともいい経験となってます。また、再度機会があれば海の眺める素晴らしいGYMに戻りたいなと思います。