シーフロントキャンパスでSinulog Festivalを開催しました。

 

こんにちはHIDEです。


QQEnglishシーフロントキャンパスではSinulog Festivalを開催しました。

 
 

そもそもSinulog Festivalとは

サント・ニーニョ教会(Basilica del Santo Niño)はフィリピンで一番古いカトリック教会と言われており、そこで祀られるイエス・キリストの幼少時代であるサント・ニーニョ(Sto.Niño)を祝う祭りとしてシヌログ祭り(Sinulog Festival)が毎年1月に開催されます。シヌログ祭りまたはシヌログ祭りは毎年100-200万人がフィリピン国内のみならず、国外観光客が訪れるセブ島で最大のお祭りになっています。来場者が増えていくにつれて、シヌログ祭りの形も少しずつ変化していきますが、サント・ニーニョを手に持って踊るというグランドパレードは昔から変わりません。


その昔、世界周航を目指していたフェルディナンド・マゼランが率いるマゼラン艦隊は1521年にフィリピンに上陸しました。その時当時はマレー系の人々が多く暮らしていたためイスラム教が一般的でしたが、マゼランによる改宗により、セブ島の各地で領土を持っていた王(首長)の助けもあって、多くに人々がカトリックになりました。その際にセブ島を支配していたフマボン王(ラージャ・フマボン)の妻であるハラ・アミハン(Hara Amihan)、後のフアナ女王にマゼランからサント・ニーニョ像が送られました。フアナ女王は感謝と喜びの踊りを始め、周囲の人たちも参加したことから、これがシヌログ祭りのルーツではないかと言われています。

やっぱりフィリピン人はお祭り好き

フィリピン人はこのようなお祭りが大好きです。もちろんの事ながら先生たちも気合が入っていて、QQEnglishでは金曜日に生徒さん参加型のイベントを開催しました。




シヌログのペイントができるので生徒さんや先生たちも大はしゃぎで顔にペインティングしていきました。ペインティング専門の業者を呼んだわけではなく先生たちが顔に絵を書いていきました。時期的に中国や韓国からたくさんの子供達がQQEnglishに英語を学びに来ていたので、子供達は我先にと目立つペイントを顔に書いてくれとお願いしていました。先生たちの感性の差や地元の違いで差はありますが、同じ型の絵は一つもなく、何十人もやっていてよくこうも違う絵が書けるなと感心して見ていました。




先生たちもこのペイントをした状態で授業をします。セブに留学に来ている生徒さんは状況が解っていますが、海の向こうのオンラインの生徒さんたちはそもそもシノログ祭りを知らない方が多いので、初めは驚くと思います。後から聞いた話ですと反応は上々だったらしいです。




シヌログは踊りを見るのも醍醐味の一つです。QQEnglishでは授業のはじめと終わりにチャイムがあるのですが、この期間中は終わりのチャイムにシヌログの歌が流れるようになっていました。なので先生たちはもちろんのこと生徒さんたちも自然と口ずさむまでにDNAに刻み込まれていきました。なのでそのシヌログの歌で本格的な踊りを見れるのは生徒さんたちも感動だったのではないでしょうか。




コンテスト

先生たちがチームになって作ったTシャツを生徒さんの投票でどれが一番いいかと言うコンテストをしました。何人もの先生たちでアイディアを持ち寄って作っているのでそれはそれは他には真似ができない独特なシヌログTシャツが出来上がりました。生徒さんたちも絵に描いてある模様の意味を先生たちから聞いたりと生徒も先生も真剣になっていました。




そのシヌログTシャツを着て誰が一番うまくパフォーマンスができるかの勝負です。審査員もいて結構ガチです。みんな思いおもいにダンスをしたりのアピール合戦です。ここまでくると日本人は太刀打ちできません。フィリピンには無茶振りなんて言葉はありません。だってできてしまうので




 
 

編集後記

セブ留学でここまで本格的にシヌログを楽しむ語学学校はそうそうないと思います。QQEnglishでは留学に来られた生徒さんに英語だけではなくてフィリピンの魅力も知って帰ってもらいたいと考えています。なので中途半端なイベントにはできません全力で楽しんで触れ合ってもらいたいです。


HIDE

 

関連記事一覧