小学生留学3日目<ナツの場合>カランメソッド? | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
小学生留学たいけん記

2020.01.15

小学生留学3日目<ナツの場合>カランメソッド?

3日目のQQイングリッシュ。
もう3日目だったので少しは起きる時間なども慣れてきたけど、まだ少し時差ぼけが残ってるかなー。
今日は昨日よりも少し遅く家を出てQQカフェに着くと少し混んでた。朝ご飯は、ご飯と卵、ビーフン。

1時間目の授業は昨日と同じように軽いテストをした後に「仕事について」の勉強。
小テストは昨日よりも少し難しくなってきた。でも、10問中10問正解することができたー。

問題は「これはいつの季節か?」や「何をしているところか?」という問題。
その後は「これは何の仕事をしているところか?」という問いが日本語ではわかっているのに、英語で表現できなかったので難しかったな。
でも、先生がうまく言ってくれたので少し分かった。


2時間目の授業は今日も先生が風邪で休んでいたので今日も違う先生。まず、昨日出されていた宿題を見せた。その次に、文を先に読んで問題の空いているところに答えを入れるという問題をした。

この問題の文は、ピアノに関すること。先生が少し助けてくれたので正解できた! 
10Fは、個室ではないので少し騒がしかった。

3時間目の授業は「カランメソッド」。


何? カランメソッドって
ケン

よくわかんないけど、
「先生が言った言葉をそのまま繰り返すというもの」らしい。

お父さんがすすめていたので、やってみた。


君が受けているのは子供用の「カランforキッズ」だね。「英語脳」が4倍速でやってくるよ。
ロビン・カラン氏

僕が思っていたより早く先生が言わなかったので落ち着いて話すことができたな。

たくさん話すのでとても喉が渇く! 
同じ事をたくさん繰り返すと上手く発音できるようになるらしい。ホントかー? 

明日は、今日よりも上手く発音できるようにしたいな。

今日は「カランメソッド」を30分くらいして、残りの10分は、数字と文字、数を繋いだり、空欄に答えを入れる問題をした。

どちらも問題が読めなかったけれど、先生がパソコンで日本語に翻訳してくれたので問題の意味がわかって、解くことができた。

 4時間目の授業は「Speaking」。他の授業とは違って読むことや発生練習が中心。僕はまだ少ししか英語が読めないので先生が意味をパソコンで日本語に翻訳してくれた。そのおかげで全然知らなかったし、読めなかった単語が少しだけ読めるようになった。文の内容はクリスマスに関すること。

読めない単語の方が多かったけれど文の大体の内容は掴めたので、日本に居る時よりも少しだけ、読めるようになったなと思った。


そう、初日にやったレベルチェックテストの結果がでた。
LOW BEGINNERだって。よくわかんないけど。