【QQE Columns】セブでの日本のODA | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2019.08.09

【QQE Columns】セブでの日本のODA

みなさん今までODAという言葉を聞いたことがありますか?このワードは日本が世界で生きていく上で大切にしないといけない活動です。
ODAの文字の意味はOfficial Development Assistanceといい政府開発援助と言われています。この活動は開発途上地域の開発を主にする国際協力活動の事をします。該当の地域に病院や学校施設を建てたりなどの活動を行い、現地の人々の生活をサポートします。活動の方法は様々です。興味を持った方はめったにアクセスすることのない外務省のホームページへ

なぜODAは必要か?

ではなぜその様な活動が必要なのでしょうか?その様な財源があれば国内で消費すればいいのではと思う方もいるかもしれませんが、日本でも大規模な災害が発生した場合は各国の支援が届いたりしますよね?それもこのODAの活動なのです。
世界は常に助けあっているのです!


ここセブにも日本のODAが活躍しています。
まずマクタンの空港からITパークにくる来る方は大きな橋を渡ってくるかと思いますが、そのうちの1つ(よくニューブリッジと呼ぶ方が多いですか)は日本のODAで建設されたものです。
現在も日本のODAで建設されている橋などがセブにはあります。日本はODAを行う上位の国でもあり、その様な事も関連して日本のパスポートへの信頼へと繋がってるのかもしれませんね。




(QQE 英語コラム)