「ケンブリッジ大学の晩餐会」 セブ島の放課後俱楽部との違い | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.02.25

「ケンブリッジ大学の晩餐会」 セブ島の放課後俱楽部との違い

QQEnglishのスーパーバイザーであり、ケンブリッジ大学で実際に教えているロレイン先生の招待でケンブリッジに来ています。大学内で行われるフォーマル・ホール (formal hall)と呼ばれる晩餐会に参加するのが目的です。

【31のカレッジ】

ケンブリッジ大学は日本の大学のように一か所にド~ンとあるわけではありません。ケンブリッジ市内にある31のキャンパスに分かれ、カレッジ制になっています。それぞれのキャンパスに名前が付いているのでどこのケンブリッジ大学かと言わないとわかりません。

【トップに君臨する】

常にイギリスの名門大学としてオックスフォード大学と並び、トップに君臨してきたケンブリッジ大学は、とても古い歴史をもっています。ゴシック建築の建物は町にとけこみ、ケンブリッジの町全体が大学のようになっているのです。

【フォーマルな晩餐会】

今回参加した晩餐会はカレッジごとに行われています。月に1~2回行われているのですが正装して参加するとても権威のある晩餐会です。晩餐会に参加する為に日本から背広を持参したくらいです。

【世界中から集まる】

隣に座ったのはロシアから法律を学びに来た生徒でした。当たり前ですが、メッチャ頭が切れるので話をしていてとても楽しいです。高校時代はアメリカにも交換留学で行っていたので英語はとても綺麗でした。

【日本人だけがいない】

そのほかインド、パキスタン、フランスと色々な国から来ている生徒と親しくなれて楽しかったです。今回の晩餐会には100名以上の人が参加していました。しっかりと勉強して、晩餐会で人脈を作ったり、社交術を学ぶ。理想的な環境がケンブリッジ大学にはありました。

【セブ島の放課後俱楽部】

晩餐会に参加して思ったのは、いつかはQQEnglishの放課後俱楽部もこのようなって欲しいと言うことです。そして、そして、セブ島で英語を学んだ生徒がケンブリッジ大学に来るようになったら最高ですよね。

【一緒に働ける方募集】

QQEnglishは「英語で世界を変える」仲間を募集しています。英語や海外に興味がある人だけでなく、ネットベンチャーなのでIT技術者も大募集です。

https://www.qqeng.com/recruit/