英語脳になろう。QQEnglishのセブ島留学

  • HOME
  • 留学の手引き:留学が決まったら

留学の手引き

留学を成功させるための情報が満載!

留学が決まったら

留学が決まったら、今後の計画をたてるためにも、持ち物や事前の留学準備学習などを前もって確認し、しっかりスケジュールを立てておきましょう。
QQEnglishから送付している資料にも、しっかり目を通しておいてください!

渡航前の準備

入金が確認され次第メールにて最終案内資料のURLをお送りいたします。
書類をすべて確認して、余裕をもって準備しておきましょう。

持ち物リスト

留学生活に必要なアイテムを以下にまとめましたので、荷造りの参考にしてください。

出国関連

パスポート パスポートの残存有効期限がフィリピン入国日から滞在日数以上残っていることを確認してください。
紛失に備えてコピーと写真2枚を別々に保管しましょう。
航空券 必ず往復チケットを準備(復路のチケットがない場合、入国を拒否される可能性があります)。
紛失に備えてコピーを別に保管しましょう。
ビザ 30日以内の滞在は査証不要。30日を越えて滞在する場合は、現地で延長可能。
現金 日本円は必要最低限で。(おこずかいは月3~5万が標準的と言われています)
現地通貨ペソはITパーク内、空港やショッピングモールで現地通貨に両替可能。
カード 国際クレジットカード(International用‘Cirrus’、‘Plus’マークが記載されているカード)
国際キャッシュカード(現地での現金引き出し用)
SSP取得用 3日以上の留学生のみ。SSPフィリピン政府が発行する「特別就学許可証」の取得用に下記をお持ちください
・5㎝×5㎝の写真2枚(背景は必ず白)
・6540php(日本円やカードでも大丈夫。初日のツアーで行く両替所で両替可能です)
帰国時の
空港使用料
セブ国際空港出国時に750php 空港のカウンターにて支払います。

学業関連

辞書 発音チェック機能付きの電子辞書があると便利。
どんなときでも使えるように、オフラインでも使えるスマートフォン用の辞書アプリでもOK。
参考書 自分の使いやすい英語文法や会話関連のテキストや書籍。
日本語の参考書は持参しましょう、フィリピンでは手に入りません。
おすすめ参考書

筆記用具

現地でも購入可能。ただし、入国カード記入の際に必要ですので、筆記具を機内持ち込み手荷物の中に携帯しておいて下さい。
ノートパソコン
など
Wifiが使えます。スマホ、タブレット、ノートPC
ビジネスクラスではPowerPointなどがあると便利な課題もあります。
※ フィリピンの電圧は220Vです。対応しない電化製品は変圧器が必要です。

個人生活

衣類 長ズボン、半ズボン、Tシャツ、半袖シャツ
長袖シャツ、薄手の上着(ショッピングモールなど、冷房の効いている場所に備え)。
※ITパーク校は建物に入ることが禁止されている服装と履き物があります。
事前に送付されるシートをご確認ください。
下着、靴下 上下7セット程度(1週間のローテーションが組めるように)
医薬品 自分に合った風邪薬、下痢止め、消化薬、救急薬品。
学校にもフィリピンの薬は用意してあります。具合の悪いときにはすぐに相談しましょう。
虫除けスプレー スプレー缶ではないもの、現地でも購入できます。
アジア圏では蚊を媒介とした病気が流行しています。出来るかぎり予防しましょう。
履物 靴、運動靴
サンダル(校内ではビーチサンダル着用はNGです)
スリッパ(室内用)
洗面道具 歯磨き粉、歯ブラシ、石鹸、シャンプー、ひげそり、カミソリ、爪切りなどの基本的な洗面具。
衛生用品 トイレットペーパー(学生寮、学校内、お店など、ほぼトイレットペーパーがありません)
ティッシュペーパー、生理用品、消毒用アルコールスプレー
化粧品 化粧品、日焼け止め
現地でも購入可能ですが、肌が敏感な方は、持参することをお勧めします
タオル タオル7枚位、バスタオル、ハンドタオル、ハンカチなど
(学生寮にはタオルはありません/ホテルにはあります)
洗濯用品 洗剤、ハンガー(各部屋にひとり5本は用意してあります)
折りたたみ傘 セブでは急激な天候の変化(スコールなど)があるため必需品(現地にて購入も可能)。
空港で没収される可能性があるので、スーツケースに入れましょう。
日よけ対策 帽子、サングラス、日傘
水着 水着、水中ゴーグル、キャップ
ジムのプールや、アイランドホッピングなどに行く際に役立ちます。
ドライヤー 日本製の普通のドライヤーを使用する場合は、変圧器が必要です。
フィリピンの電圧220Vで使用するドライヤー又は変圧器をお持ち下さい。レンタルもご用意しています。
その他 カメラ、手帳、時計