「セブ島での親孝行」一番の読者 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2018.01.04

「セブ島での親孝行」一番の読者

母親をセブによんでいます。父の命日が12月23日なので24日以降にしかセブに来れないと言われ、シブシブ24日のフライトを取りました。12月23日以前であれば航空券が安く買えたからです。今回はエコノミークラスが満席で自分でも乗ったことがないビジネスクラスを予約しました。母は生まれて一度もビジネスクラスに乗ったことがなかったので大喜びです。しかし支払った私は辛かったです。

【埼玉で一人暮らし】
実家は埼玉の浦和にあります。私が高校を卒業して浪人をしている時に父が亡くなったので、それ以降、母が私と妹二人を一人で育ててきました。
今では兄妹全員がセブに来て働いているので母は浦和で一人暮らしをしています。

【妹に来てもらう】
QQEnglishの創業の時、セブに来て長く働いてくれる日本人スタッフがどうしても雇えず、妹に手伝ってもらいました。当時はフィリピンでのビジネスなので、いくら給料を払うと言っても誰も来てくれなかったのです。
80歳を超える年齢の母を一人日本においておくのは不安でしたがどうにもなりませんでした。

【最初のお客】
QQEnglishの一番初めの生徒は私の母です。今から9年前、バイク便がいきなり始めたオンライン英会話で教師はフィリピン人、当初は全く生徒が集まりませんでした。そんな中、母が申し込んでくれたのです。創業の時から9年間せっせと受講してくれています。授業料はどうしても自分で払うと言って聞かないので未だに援助していません。

【自分で支払う】
生徒がいなくて苦労しているのを知っていたので自分で払いたかったのでしょう。既に1万人以上の生徒がいる英会話学校になっているのに、今でもせっせと自分で支払いをして勉強しています。私を助けるために頑張って続けてくれていると思うと頭がさがります。

【高い航空券】
今回は12月24日まで来れなかったので航空券が高くなってしまいました。もっと早く来るように勧めたのですが今回だけはどうしても12月23日の命日まで日本にいたいと譲らなかったのです。おかげで、自分用では買わないビジネスクラスのチケットを買う羽目になりました。

【家族4人で過ごす】
母はセブに来ると妹の家に泊まっています。しかし、年末年始もバタバタしていてなかなか会うことができませんでした。昨日ついに妹の家に行くことができたのです。
久しぶりに会ったのに私の好きなものは覚えているのですね。セブでは手に入らないものが多いのに夕食を作ってくれていました。80歳を超えているのに味は変わっていません。

【父の話題】
食事をしながら父の話題になりました。話を聞いていたら、なんと今回の命日が33回忌だったのです。私が忙しく飛び回っているのを知っていたので、帰ってこいと言えなかったそうです。誰にも言わず一人で33回忌をやっていました。ビジネスクラスのチケットを気にした自分が恥ずかしいです。

【熱心なファン】
私は知らなかったのですが母は一生懸命私のFacebookを読んでいまいした。迷惑にならないように私のスケジュールを見ていたのです。どうやら母が一番の読者です。いつも楽しみにしてくれていました。
今まで一度も親孝行らしいことをしていません。私からほとんど連絡をしないのでいつもFacebookを読んでいたのです。毎日熱心に読んでくれていると分かるとやめれなくなりました。

【長生き】
あんまり長生きをされると大変ですが当分は続けて行こうと思います。
ははは、、、こんな憎まれ口をたたいてはダメですね。
頑張って書くので元気に長生きしてください。