「セブ島のスペインレストラン」クリムゾンホテルのEnye | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2018.05.15

「セブ島のスペインレストラン」クリムゾンホテルのEnye

マクタン島にある高級ホテル内にできた素敵なスペイン料理屋さんに行ってきました。噂には聞いていたのですがとても良かったです。フィリピンは1600年にマゼランが来てから300年近くスペインの統治下にありました。スペインの文化を色濃くのこしています。

【フィリピン最古の首都】
セブ島はフィリピン最古の首都があった街です。なんとなく歴史ある京都に似ています。フィリピンに一番初めにできた教会サントニーニョChurchもそうですが、お寺ならぬ、素敵な教会がたくさんあるのです。セブ島の殆どの人がカソリックを信じているのもスペインの影響だと思います。

【美味しいスペイン料理がない】
しかし!!なぜか美味しいスペイン料理のお店が少ないのです。正直に言って殆どありません。原因は1900年にスペインからアメリカに統治が移ったからだと思います。食事に拘らないアメリカ人はハンバーガーとコーラを飲んでいたら幸せです。スペイン料理を残す必要が無かったのでしょう。 ははは、、、アメリカ人の方すみません。冗談です。

【アメリカの功績】
アメリカ人の功績はフィリピンに英語教育を徹底したことだと思います。当時のアメリカ大統領マッキンゼーが恩恵的同化宣言を行い、アメリカ本土から沢山の教師を連れて来てスペインが行わなかった教育を行ったのです。 おかげで私は英会話学校を経営できるのですが、美味しいスペイン料理と食べるチャンスを失いました(笑)

【クリムゾンホテルのEnye】
ついに見つけました!!!クリムゾンホテル内にあるEnyeというスペイン料理は本格的だったのです。ヨーロッパで美味しレストランの基準はワインの貯蔵も重要です。そして、ウエイティングラウンジで生ハムやスペインのソーセージやチーズを食べて、海の見える素敵なレストランで生演奏を聴きながら食事をする。最高でした。

【私のお勧め料理】
私はイカ墨のパエリアを頼みましたがとても良かったです。 誰と来たかですって??もちろんスタイル抜群の美人さんに決まっています(笑)

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/