「パソコンが壊れました」セブ島では直らない | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.06.02

「パソコンが壊れました」セブ島では直らない



うわ~~やばい、、、いつも使っているパソコンのキーボードが壊れてしまいました。半分しか反応しなくなってしまったのです。何が困るって、パソコンが使えないのが一番困ります。どうしよう、、


【やらかしました】
何でこんなことになったかと言うとキーボードの上に栄養ドリンクのリボビタンをこぼしてしまったからです。こぼした直後は良かったのですが段々ダメになってついに動かなくなりました。



【日本でしか直らない】
慌てて修理に持っていったのですがキーボードを交換しなくてはならいそうです。セブ島では手に入らないので日本に帰った時に直すしかありません。次に東京に帰ってくるのは月中なので困りました。



【一か月以上前】
実はリボビタンをこぼしたのは1か月以上前なのです。はじめは電源が入らなくなったのですがセブ島の修理屋さんが直してくれました。その後、キーボードが段々重く感じるようになって怪しいと思っていたら突然動かなくなったのです。


【原因】
原因はリボビタンに入っている砂糖だそうです。キーボードはパネルが何層にもなって動かしているのでメッチャ精密なパーツだと言っていました。修理はできないので変えるしかないそうです。


【外付けのキーボード】
キーボードを取り換えるまで何とかパソコンを使わなくてはなりません。私のブログはこのパソコンで書いているので絶対に必要なのです。仕方がないのでキーボードを買いました。



【我慢するしかない】
セブ島でキーボードを買いに行ったら変なのしかありませんでした。中国語と韓国語と英語が混ざっていてとても変です。しかし、外付けのキーボードを使うしかないので我慢することにしました。これからブログを書くのが大変です、、、


【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/