ミンダナオ日本人商工会議所 第11回定例総会へ出席 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2017.02.26

ミンダナオ日本人商工会議所 第11回定例総会へ出席

ミンダナオ日本人商工会議所 第11回定例総会へ出席しました。
今回はセブ日本人会副会長としての参加です。セブの商工会議所の会合にはさぼり気味なので緊張しました。

【商工会議所の末席】
私はセブ日本人会だけでなくセブ商工会議所の会員でもあります。しかし、セブの商工会ではひよっ子です。QQEnglishより大きく立派な日系の会社が多いので私は末席を温めているのです。それなのにセブ日本人会を代表してミンダナオ商工会議所の会合に参加させていただくことになりました。

【日本人会と日系人会】
ミンダナオ島のダバオ市に住む日本人はセブの3分の1です。日系企業もそれほど多くありません。
しかし、しかし戦前ダバオには2万人を超える日本人がマニラ麻の生産などをしながら住んでいたのです。加工農業分野ではフィリピン最大の輸出額を誇るまでに成長していました。
それが戦後、強制送還となり日本人が減ってしまったのです。既に70年経ちますが戦前のように日本人がビジネスに来ることがありませんでした。

【ビジネスチャンス】
ダバオ市は大きなチャンスがある街に変わりました。日本ではミンダナオ島と聞くとテロリストを思い浮かべる方が多いですがダバオ市だけは別なのです。ドゥテルテ大統領が市長時代に治安が良くなりビジネスに最適な場所になりました。
ダバオ市の人口は145万人で昼間の人口は200万人を超えます。人口が多くて賃金や家賃が安いダバオはビジネスがしやすい街なのです。

【1兆円の経済援助】
ドゥテルテ大統領はダバオ出身です。先日、安倍首相がフィリピンに今後5年間で官民合わせて1兆円の経済援助をすると発言しました。地元大好きのドゥテルテ大統領がダバオに使わないわけがありません。
戦後最大のチャンスが来ていると思います。
ダバオでのビジネスに興味がある方はミンダナオ商工会議所に問い合わせてみてください。
http://www.jccminda.com/

【過去のブログ】
ブログを毎日更新しています。良かったら読んでみてください!
https://qqenglish.jp/ceo-blog/

【本を書きました】
「40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい」という本を出版しました。Amazonの「英語学習法」で1位になりベストセラーになっています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4799319973