ロンドンから東京オフィスにQQEnglishのスーパーバイザー・ロレイン先生がきています。 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2017.01.21

ロンドンから東京オフィスにQQEnglishのスーパーバイザー・ロレイン先生がきています。


ロンドンから東京オフィスにQQEnglishのスーパーバイザー・ロレイン先生がきています。

今回はケンブリッジ大学で教えている同僚のオーシー教授も一緒です。


【聞き取りにくい】

せっかく東京オフィスに帰ってきたのに英語です。それもイギリス訛りの強い二人がきているので朝から必死です。

イギリス訛りが聞きにくいと言うと「そもそも英語はイギリス語よ。これが本物なのよ」と言いかえれました(笑)

いつもはフィリピンの緩い英語になれているので大変です。


【フィリピン訛り】

普段はフィリピン人と英語を使っているのでフィリピン英語に慣れています。フィリピン英語の特徴は、とにかくわかりやい事です。世界中に出稼ぎに行くフィリピン人は「わかりやすい英語を話す」と有名なのです。


【第二外国語】

フィリピン人にとって英語は第二外国語です。彼らの母国語はタカログ語、セブならビサヤ語なのです。ですから英語は小学校の頃から習って話せる世になっています。

フィリピン英語は習った英語なので発音記号通り端折らずにしゃべるのです。


【ネイティブの英語】

ネイティブはaとかtheとかに限らず、何でもくっ付けて話します。油断するとサッパリ聞き取れなくなってしまうのです。もっとも、そう話すのがネイティブにとって普通なのですがね。


【ネイティブにならなくてもいい】

正直言ってネイティブを真似する必要はないと思っています。英語は会話なので通じればいいのです。それに今さらネイティブの真似をしても、ネイティブになれるわけがないですからね。

世界で英語を使う人口の80%がノン・ネイティブです。私は日本訛りの英語に自信を持っているのでジャパニーズ英語で頑張ります。


【最大の秘密】

ロレイン先生にも、オーシー先生にもしっかり通じています!!

去年書いた「40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい」がベストセラーになった自慢をしました。とても喜んで頂いたのですが内容は秘密にしています。

ケンブリッジ大学の教授に「TOEICの勉強を捨てろ」なんて言えませんからね(笑)


【過去のブログ】

ブログを毎日更新しています。良かったら読んでみてください!

https://qqenglish.jp/ceo-blog/


【本を書きました】

「40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい」という本を出版しました。Amazonの「英語学習法」で1位になりベストセラーになっています。

https://www.amazon.co.jp/dp/4799319973