世界中から集まるWAOJEの混合でワークショップを行いました | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2017.05.16

世界中から集まるWAOJEの混合でワークショップを行いました

ワークショップを行いました。世界中から集まるWAOJEの混合チームです。お題はクアラルンプールでの企業でした。それぞれが海外で活躍する起業家なので迫力が違いますね。色々なアイディアがでて直ぐにまとめてプレゼン資料になっていくのですから凄すぎます。

【負けるわけにはいきません】
全部で11チームの競争です。私のチームはタイ、シンガポール、カンボジア、マレーシア、そしてセブから来た私の7人のチームです。競いごとで負けるわけにはいきません。全員で力を合わせて頑張りました。

【タイムマシン経営は選ばない】
どうせならタイムマシン経営は選ばないようにしようと言うことになりました。日本やその他の国で既にあるビジネスを移植しても面白くありません。世界のどこにもないクアラルンプールの良さを生かしたビジネスモデルを考えることにしたのです。

【マレーシアの特徴】
WAOJEの基調講演でマハティール元首相がマレーシアの良さを色々お話ししてくださりました。マハティール元首相はマレーシアを愛していますね。私たちはその熱い思いを生かしたアイディアを考えることにしました。マレーシアは歴史的にアジアのハブとして栄えて来たそうです。それはアジアのどこに行くにも行きやすいアジアの中心にあるからです。

【知恵を集めるハブ】
今ではシンガポールに海運のトップは譲ってしまったものの、空路ではエアアジアがアジア中の空港を繋いでいるのです。そのネットワークを使うことにしました。
もちろん物を運んでも面白くありません。私たちは知恵を集積するハブを作ることにしたのです。そう、教育のハブを作ることにしました。

【チームワークで一番】
他のチームからもいろいろなアイディアがでて面白いイベントでした。一つの事を一緒に作り上げるのはいですね。いい仲間が世界中にできた感じがします。少し現実離れしてしまったので勝つことはできませんでしたが一番うけていたのは間違いありません(笑)