子供達に本物を見せたい | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2017.04.07

子供達に本物を見せたい

子供たちがメッチャ頑張って練習をしているのですが、何かが違います。思い思いの日本のコスチュームで演奏するのですが、、、間違っているのです。 なんと、ちょんまげを結って、着物っぽい服を着て、メイクで眼を細くして、落ちているタケの筒で手作りの太鼓をたたいています。

【音楽好きの子供たち】
セブ島の子供たちは音楽が大好きです。自分たちで手作りの太鼓を作って学校のイベントとかで披露しています。
しかし、、、悲しい事にも間違った方向に行ってしまっているのです。

【お願いがあります】
クラウドファンディングの協力をお願いできないでしょうか?
セブ島で活動するボランティア団体DAREDEMO HEROさんが日本から本格的な和太鼓のチームを招待するためにクラウドファンディングをはじめました。

【セブ島最大の祭り】
DAREDEMO HEROさんはフィリピンの貧困層の子供たちに教育を提供するボランティア活動を行っていますが、今回5月27日、28日に行われるセブ島最大の祭り「セブ島大盆踊り大会」の時に本物の和太鼓を子供たちに見せようと企画しています。

【本物を見せたい】
子供たちは日本人になりきって和太鼓をたたいているのですがあまりにも違いすぎます。
今回、セブ島で日本とフィリピンの交流を目的に始めた盆踊り大会で本物を見せようとDAREDEMO HEROさんが企画しました。

【日比交流】
「セブ島大盆踊り大会」はセブ島に住む有志とセブ日本人会が協力して行うセブ島最大のイベントで去年は23,000人以上集まり、今年は30,000人の来客を見込んでいます。もし日本の和太鼓のチームを呼べれば子供たちだけでなく来場するたくさんのフィリピンが喜ぶと思います。
是非、貧困層の子供の為、そして日比交流の為に協力してください。よろしくお願いします。

※申し込みはこちら
https://a-port.asahi.com/projects/bonodori2017/