Breakfast meeting in ロンドン | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2016.01.21

Breakfast meeting in ロンドン


今、ロンドンの朝、やっと日が昇りました。今回は26時間の滞在なのであと14時間しかいられません。
昨夜は着いてから食事を取る間もなくミーティングでしたが今日もbreakfast meetingから始まります。



イギリス人のエリートはよく働きます。階級社会なので労働者階級は生活を中心に考えていますが中流階級以上のエリートは生活を楽しむだけでなく仕事もバリバリしているのです。

世界中を回っていて一番英語で苦労するのがネイティブの国です。イギリス訛り、アメリカ訛りなどどちらでも良いのですが単語と言い回しが難しいのです。母国語だと内容を伝えようとする時、ニュアンスやイメージを単語や言い回しを変えて伝えてきます。好きならlikeで十分なのですがどう好きなのかを伝えるために take a fancy toとか言われると「もっと簡単に言ってよ」と言いたくなります。

特に中流階級以上の方は会話を楽しむので本題以外の教養が要求される話題やジョークを随所に入れてきます。外国人の私から言わせて貰えれば「楽しまなくて良いからシンプルに言って」です。



第2外国語同士だとお互い伝えるのがメインなので分かりやすさ中心の英語で話しをしますが今日はネイティブそれも気どったイギリス紳士。

頭が痛いです(笑)

s_12549030_768720946566954_8736007918816731694_n