「2000人の小学生」セブ島と飯塚市の深い関係 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2018.12.08

「2000人の小学生」セブ島と飯塚市の深い関係


今日は福岡県飯塚市に来ています。飯塚市は市内22の全ての小学校でQQEnglishのオンライン英会話を取り入れていています。今日は当時、教育委員長としてオンライン英会話を決断した現在の市長、片峰市片峰さんを表敬訪問しました。

【日本で一番初め】
4年前から実証実験を行いそして3年前から本格導入しているので日本で一番初めにフィリピンのオンライン英会話を採用した革新的な市です。その実績もあり教育委員長は市長にまでなられました。

【深い関係】
飯塚市とはとても縁があります。セブで親しくお付き合いをさせて頂いているRumahホテルの代表でセブ日本人会理事仲間の松田さんが飯塚市出身なのです。今回は松田さんの人脈で市長にアポイントを取って頂きました。



【実際の授業】
市長の表敬訪問の後は実際に授業を行っている小学校を見学にいきました。お世話になった飯塚市にある菰田小学校の石井校長先生を訪ねたのです。現場の先生からいろいろお話を聞かせて頂きとても参考になりました。

【2000人の生徒】
飯塚市では2000人の小学生がセブ島の先生とマンツーマンで英語の授業を行っています。何よりの自慢はどの生徒も楽しそうに授業を行っていることです。今までの英語の授業と言えば文法をやったり、単語を覚えたり、読むだけだったりするので英語嫌いの子供が多かったのです。

【懸け橋になりたい】
2020年に向けて英語教育の改革が行われます。今まで重要視されなかった会話力が求められるようになるのです。私はフィリピン人の英語力を日本の教育に取り入れ日本とセブ島の懸け橋に慣れればいいと思っています。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/