「セブ島の戦没者慰霊祭」大きな力に守られている | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.08.16

「セブ島の戦没者慰霊祭」大きな力に守られている


平和への誓いを新たにしました。毎年8月15日はセブ島でも戦没者慰霊祭が行われます。日本だけでなく世界中で行われる行事です。今から73年前に行われた不幸な戦争は忘れてはならないのです。

【大きな犠牲者】
フィリピンは日本本土を除くと一番戦火が激しかった場所です。50万人以上の日本人が亡くなりました。しかし、その倍の100万人にのぼるフィリピン人の尊い命が失われたことも忘れてはなりません。当時のフィリピンの人口は1600万人ほどだったので16人に一人のフィリピン人が亡くなりました。

【千羽鶴を折る】
多くの命が失われた戦争は二度と起こしてはいけません。平和の誓いを新たにするとともに戦争の悲惨さを後世に伝えていかなくてはならないのです。QQEnglishでは平和の祈りを込めて2000羽の鶴を折ることにしました。日本人だけでなくフィリピン人の先生やスタッフ、そして世界中から来ている生徒さんに協力して頂きました。

【特攻隊の1号機】
QQEnglishのあるITパークは日本軍が使っていた飛行場でした。アメリカ軍の攻撃対象になっていたのでとりわけ戦火の激しい場所だったのです。実は、特攻隊の1号機がレイテ島に向かって飛んで行ったのはITパークのあった飛行場からと言われています。

【平和への思い】
ITパークはいろいろな思いが積もった場所です。日本への思い、家族への思い、いろいろな思いをもって若い兵士が飛び立っていった場所なのです。誰もが死にたいわけではありません。飛び立っていった彼らこそが一番平和を祈っていたに違いありません。

【大きな力に守られている】
私はITパークでビジネスをしていて、いつも大きな力に守られている気がします。どんなに困難なことが起きても「こんなことでくじけるな、まだ何とかなる。決してあきらめるな」と背中を押してくれている人がいるのです。

【ここまでこれた理由】
海外でビジネスをしていると想定外のことばかりが起きます。正直に言って日本でビジネスをするよりはるかに大変です。それでも私がここまで頑張ってこれたのはフィリピンにいる日本人の魂が守ってくれているからなのかもしれません。

【平和への誓い】
今QQEnglishには10か国以上の国から沢山の生徒さんが来ています。私は世界平和の為に必要な事は互いを知ることだと思っています。戦没者慰霊祭に参加して「英語を通じ世界中の人が理解しあえるように頑張ってこう」と新たに誓いました。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/