東洋経済オンラインに掲載されています。 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2016.03.11

東洋経済オンラインに掲載されています。

s_img_b669fb4c6c4b50fdc651701d83bde6a5628042

なんと今度は東洋経済オンラインに立命館宇治中学校のセブ島留学の記事がでています。
もちろん留学先はQQEnglishですがそんな事はどうでもいいです。(ははは、、、記事の中に学校名が無いので強がっています)
東洋経済オンランさんの月間アクセスって知っていますか?1億5千万近いんですよ。どんどんフィリピン留学が広まればいいな~と思います。

今までフィリピンに日本の学校が留学に来るなんて想像もできませんでした。11年前、日本人で一番初めに英会話学校を作ったのですがその時の周りの目はとても冷たかったです。もちろん社員も全員反対でひっそりとスタートした記憶があります。もっとも東京の社員は未だに反対ですがね(笑)

まだまだ発展途上のフィリピン留学ですが私はフィリピン留学が安いからやっているわけではありません。フィリピン人が世界で一番英語を教えるのが上手だと思っているからやっているのです。
それはフィリピン人がネイティブではないからです。彼らは学習して英語を話せるようになっています。世界ビジネス英語指数BEIで3年連続断トツのナンバーワンがフィリピンです。言い換えてみればフィリピン人は世界で一番成功した英語の学習者なのです。
彼らは英語の学習の仕方を実体験として知っていて、英語の学習が大変だと言う事も知っているのです。初めから英語を話せるネイティブには一から英語を学習する生徒の気持ちはわかりません。そして英語の学習がどれだけ大変かも知らないでしょう。
日本のように文法も発音も違う国は始めからネイティブの先生に習うよりフィリピン人に習った方が理解しやすいと思います。
フィリピン人の家政婦さんや看護婦さんは世界中で活躍しています。大家族で生活しているフィリピン人は他人を思いやるホスピタリティーがあるからです。世界一成功した英語の学習者で世界一ホスピタリティーがあるフィリピン人に世界で一番やらかしてしまった日本人が英語を習うのは実に理にかなっています。
これからも世界一のフィリピン留学を広めていこうと思っています

http://toyokeizai.net/articles/-/108730