英語脳になろう。QQEnglishのフィリピン・セブ島留学

セブ島留学体験談

生徒たちのリアルなフィリピン、セブ島、英語留学体験談。

INTERVIEW
山本 大貴 さん
23歳 同志社大学大学院
ITパーク校

ここでしかできない「会話」に重点を置いて
勉強しています。

留学しようと思ったきっかけは何ですか?

内定先の企業で英語を使うことが
決まっているためです。

僕が留学をしようと思ったきっかけは、内定先の企業で英語を使うことが決まっているので、もっと英語を身につけたいと思ったからです。今、QQEnglishではビジネスコースを受講していて、マンツーマンのうち2コマはビジネスの授業を取り入れています。

ビジネスの授業は、他の授業と全然違います! 英語でも日常会話と敬語がわかれているので、とても難しいです。電話対応のやり方などを学ぶのですが、まだ日常会話もままならないので、ステップが飛びすぎているかもと思うことがあります。難しすぎて、やっていけるのかな…とたまに不安になっています。

QQEnglishを選んだ理由は何ですか?

以前留学した時は、勉強ばかり。
今回は、いろいろ娯楽のあるところに留学したかったからです。

昨年3週間だけフィリピンのターラクシティに初めて留学をしたのですが、そこは田舎で周りに何もなくて…。勉強ばかりだったのでリラックスできませんでした。なので、今回はいろいろ娯楽のあるところに留学したかったからです。

QQEnglishに興味を持ったのは、友だちがITパーク校に留学していたことがあり、「いいよ」という話を聞いたからです。実際に来てみると、すごく過ごしやすいです! 周りにはショッピングモールや日本食の美味しいレストランなど、いろいろありますし。食事に困ることはないですね。

実際にQQEnglishに留学してみていかがですか?

勉強とのメリハリがすごくあります! 台湾やロシアの友だちもできて、英語を話す機会が増えました。

朝の8時から夕方の5時まで8コマみっちりあり、全く外に出ることはありませんが、夜は外に食べに行くなどしているので、勉強とのメリハリがすごくあります!
学校ではずっと英語を使っていないといけないので、慣れるまでは1日の終わりまで集中力が続かなくて…。はじめの頃は半目の状態で授業を受けていました(笑)。眠気を覚ますために何度も先生に「一緒に立って授業しよう!」と言われたほどです。

でも、1週間が過ぎたぐらいからその生活にも慣れてきました。留学して1週間なので文法はまだ上達した感じはありませんが、話す勇気が出てきました。今は積極的に話しています。
日本人だけではなく、台湾人やロシア人の友だちもできて、授業以外でも英語を話す機会が増えました。それがすごくいいんです!

今の目標は何ですか?

今はTOEICの点数を伸ばすことよりも、
スピーキングを伸ばすことが目標です。

僕はTOEICは635点あるのに、全然しゃべれていないんです…。なので今は点数を伸ばすことよりも、スピーキングを伸ばすことを目標にしています! TOEICの勉強は日本でもできるので、QQEnglishでは、ここでしかできない「会話」に重点を置いて勉強しています。

今、その日に習った言い回しは、帰ってから1時間半ほど復習しています。習ったことを無駄にしたくないんです! 夜ジムに行かない時は、もう少し長くやっています。はじめの頃は何もしていなかったのですが、ある時、先生から昨日学んだことを聞かれて忘れてしまっていることに気がついたんです。そこから、「これは復習をやらないといけない」と熱が入りました。

就職してからも英語が必要になるので、帰国後はQQEnglishのオンライン英会話を続けようと思っています。月額が安いですし、英語を使う機会がないと忘れてしまうので。これからも英語の勉強は続けます。
ちなみに、ウォーターフロントホテルのジムはとても設備がいいのでオススメです! 日本で通おうと思ったら、とても高いと思います。無料なので、一度行ってみてください。

MEMO
  • 留学コース:スタンダード 7週間
  • 留学資金 :学費 400,000円   プライベート 60,000円