セブにも割引サービスがいっぱい。 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2017.03.28

セブにも割引サービスがいっぱい。

こんにちは、ふみかです。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

そろそろ、入学の準備に追われたり、入社の準備で出勤経路を睨んだり、ドキドキしながら、ワクワクしていらっしゃる方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

ワクワクと言えば、ここセブにも、とてもわくわくする事があります。
日本にあるサービスが、ここにもあるのです!
何を胸を張って言っているのかと言うと、割引サービスの事です。

「土曜のお昼はスパですよ。だって、タイムサービスがあるじゃないですか。11時に行けば安くなるんですよ」
「せっかくの土曜日に、早く起きるんですか?」
「500ペソが250ペソになるんです。毎週通えて、お得でしょう?」
長くいる日本の方が力説します。高級ホテルでは3000ペソと言われるところもあるのです。それが、250ペソで行けてしまうのですから。もっと安いところもあるので、500ペソは、結構ちゃんとしたところなのです。

でも、本当に言いたいところはそこではありません。
ここでもタイムサービスがあるのです!

「あれ? なんでビールがもう一本つくの?」
「早割だって!」
「そうなんですか!」
これはシーフロントの近くのレストランで早めのディナーをした時の事です。接待ですよ。もちろん。早めに仕事を上がって、お酒を飲んでいたわけではありません。でも、夕方5時前に、ここでお酒を頼むと、1本ただでついてくるのです!

また、スーパーでは、1つ買うともう1つおまけにつくと言うサービスもあります。カット果物が沢山あるところで、カップに果物を選んで入れて買えるコーナーがあります。そこが、時間によっては、もう1カップ分、ただで選べてしまうのです。スーパーやデパートでは、早く売ってしまいたい時にはよくやるサービスのようで、見渡すとあちこちで見かけます。

こういった割引サービスは、日本で馴染みのある上、分かりやすくて、お得感があって、アジアだ! と感じてしまいます。もちろん、アジア特有のサービスではないと思うのですが、日本と同じサービスを見つけると、世界がとても身近に感じてしまうのです。

セブに遊びに来て、お得で、わくわくする、『身近な世界』を感じ見てみませんか? とても幸せな気持ちになれますよ。

この記事を書いた人

ふみか

趣味は読書。英語は最近頑張り始めたところ。会話で打ち合わせは出来る程度の英語力。実家は東京で、新宿で事務職をしていた。外に出ない方なので、もっと違った事をしたいと思って、Cebu就職を決断。マイペース。時々、俳句を詠む。Cebuで絶賛のフルーツはバナナ、これが分かる人間はCebuを知っている人間だと思っている。Cebu歴2年。

最近の記事

検索