セブの満月 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

2017.04.17

セブの満月



こんにちは、ふみかです!

みなさん、お花見はいかがでしたでしょうか? ピンクのトンネルの中、桜の間から満月を見上げて、そぞろ歩くのもいいですよね。

お花見とお月見は、日本の心のような気がします。

「あ、満月だ! ほらあそこ!」

シーフロント校から大通りまでに、木の下を通る素敵な道があります。木々の間からお月様を見つけ、思わず声を上げました。

「わぉ。怖い。魔女だ、魔女」

フィリピンの子が答えます。

満月は魔女をイメージするらしいのです。

「満月には“うさぎ”でしょ。月の影に“うさぎの耳”が見えるでしょ?」

「えぇ~、どこ?」

と見上げながら、見上げた後に、

「怖いよ!」

答える声は、結構本気で怖がっているようです。

「なんで怖いの?」

と聞くと、腰のところに手を当てて、

「ここから上だけで飛ぶ魔女がいるから」

と真剣な顔で答えます。腰から下が無いなんて…と思いながら、

「ハロウィンじゃないんだから…」

と怖くなって答えると、

「スーパーナチュラルは、フィリピンでは普通に信じられているんだよ。特に田舎では、本当にみんな信じているんだから!」

と教えてくれました。

そう言えば、学校でスタッフや先生達が、

「私のおばあちゃんは、ヒーラーだよ」

「シャーマンなんだって、あの子」

と言う言葉が出てきます。疑って言っているのではなくて、「あの子、経理ができるんだって」と言うのと同じノリです。そして、敬意が入っているようです。

「呪術的な事をすると、水がちゃんと流れて行くから」

と言われたのは、「鳥を一羽捌くと良いんだ」と教えてくれながらです。どうも鳥の血を使って何かするようです。

「あの家は下水が詰まりやすくて困っているから」

と言う話だったのですが、鳥と血での解決の話になって、ちょっと怖くなってきて、

「捌いた後、その鳥は食べるの?」

食べ物だと思うと怖くない、と思って聞くと、

「そりゃね。でも食べる鳥と種類が違っていて高いんだよ」

と言います。「へぇ、呪術的な鳥が、普通に売られているんだ」と思うと、なぜだか怖くなくなりました。

ともあれ、日本では満月にはお月見があって、月見団子を食べたりします。それは中国から来た文化だから、中国でもやっていると思うよ、と言うと。

「フィリピンには、違う文化があるんだよ」

と自慢げに言います、でも、言いながら、

「満月が出たら隠れたくなるのがフィリピン文化だよ」

と言って、通りを歩きながら、ひょいっと木の作る月影に入ってしまうのです。

 本当に、綺麗な満月の、夜空が大きく見える、ほどよく涼しい夜道だったのですが、不思議な世界がすぐ隣にあるような気がしたのでした。

この記事を書いた人

ふみか

趣味は読書。英語は最近頑張り始めたところ。会話で打ち合わせは出来る程度の英語力。実家は東京で、新宿で事務職をしていた。外に出ない方なので、もっと違った事をしたいと思って、Cebu就職を決断。マイペース。時々、俳句を詠む。Cebuで絶賛のフルーツはバナナ、これが分かる人間はCebuを知っている人間だと思っている。Cebu歴2年。

最近の記事

検索