南国での優雅なひと時 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2017.04.03

南国での優雅なひと時

こんにちは、ふみかです!
南国での優雅なひと時についてのお話です。

「あれ、授業中に曲?」
「終了のベルじゃない?」

スタッフが不思議そうに話しています。

シーフロント校では、午後、授業の終了時間に曲が流れます。そろそろ眠くなってくる時間だから、ベルじゃなくて、曲にしよう! と始められたルールです。シーズンに合わせて流れるので、クリスマスソングなどは、アカペラで歌えそうになるほど何度も流れます。でも、留学の授業に合わせてです。2時50分、3時50分と決まった時間に流れます。

「まだ、午前中だよね?」
「うん、11時半」
となって、音が大きくなります。
「カンパネラだ!」
と言って、オフィスから走って出た子が、ステージを見ながら言います。
「生徒さんだよ! 生徒さんが、ピアノ弾いてる!」

なんと、シーフロント校にはグランドピアノがあるのです! 自慢です。
フィリッピンスタッフ曰く、
「弾かないと痛んでしまうから、なるべく弾いてもらってください」
との事です。

その為、先生が授業の後に弾いている場合もあります。そして、今回みたいに、うっかりプロと間違ってしまいそうな程上手な生徒さんが弾いてくださる場合もあるのです。

実は、アコースティックギターもあります。生徒さんが置いていって下さったギターです。そのギターを弾く生徒さんや、また、ギターに合わせて歌っている生徒さんもいます。卒業式の準備だそうです。でも、ずっと準備をし続けてくれないかなって思うくらい、いい声で歌っています。

シーフロント校は、時々、こういう優雅な時がやってくるのです。

この記事を書いた人

ふみか

趣味は読書。英語は最近頑張り始めたところ。会話で打ち合わせは出来る程度の英語力。実家は東京で、新宿で事務職をしていた。外に出ない方なので、もっと違った事をしたいと思って、Cebu就職を決断。マイペース。時々、俳句を詠む。Cebuで絶賛のフルーツはバナナ、これが分かる人間はCebuを知っている人間だと思っている。Cebu歴2年。

最近の記事

検索