学校の安心・安全を守るセキュリティガード | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2017.03.08

学校の安心・安全を守るセキュリティガード

こんにちは、ふみかです。
みなさんいかがお過ごしでしょうか? 

今日は、セキュリティガードのお話です。 セキュリティガードの事を、現地の人たちは「ガード」と呼んだり「チーフ」と呼んだりしています。ガードは、とても身近な存在で、大きな施設では必ず、入口や重要な場所で、いろいろな備えの為に頑張っています。

シーフロント校でも、ガードがいます。ゲートと館内と海側と3か所に24時間体制で立っています。

「チーフ! マネージャーはどこ?」 「ガード! 生徒さんがキーインしたって!」

最初のは、スタッフが顔色を変えてマネージャーを探している時の声です。ガードは、すぐさま、「カフェです!」と答えたり、他のガード達に連絡を取って、どこにいるか確認してくれます。

二件目は、生徒さんが、ドアキーを部屋の中に入れたままドアを閉じてしまった時です。部屋に入れなくなった生徒さんの為に、部屋を開けてくれるようにお願いしています。

館内ガードは、不審者がいないか、定期的に見回りに出ます。ゲートガードは不審人物を中に入れないように、危険物を持ち込まれないように、見張っています。海側のガードは、船で物売りなどが近づいてこないようにしています。どのガードもそれぞれ厳しい警備の仕事があるのです。

なのに、みんなの「ガード!」と呼ぶ声はとても気軽です。答えるガードも、ニコニコしています。緊張感の欠片もありません。いざと言う時の厳しい顔を見たことがなければ、お人よしの集団にしか見えません。

お蔭で、生徒さんの人気もぴか一です。

外に出る時にはゲートパスが必要です。入館管理なのでガードの管轄です。ですから、外によく行く生徒さんは、ガードと馴染みになっていきます。

「い・て・ら・しゃ・い!」 「いたらしゃい?」 「いってらっしゃい!」 「いってらっしゃい?」 「そう! うまいよ!」

生徒さんが、ガードに日本語を教えています。「そう、うまいよ!」と飛び跳ねるように喜ぶ生徒さんに、満面の笑顔で笑っているガードです。得意げです。

生徒さんにとっては、習った英語を、ドキドキしながら実践として話すがガードです。だからでしょうか。用事があっても、なくても、一言、立ち止まって話して行こうとする人が結構います。

シーフロント校の名物です。この雰囲気がとても好きです。

この記事を書いた人

ふみか

趣味は読書。英語は最近頑張り始めたところ。会話で打ち合わせは出来る程度の英語力。実家は東京で、新宿で事務職をしていた。外に出ない方なので、もっと違った事をしたいと思って、Cebu就職を決断。マイペース。時々、俳句を詠む。Cebuで絶賛のフルーツはバナナ、これが分かる人間はCebuを知っている人間だと思っている。Cebu歴2年。

最近の記事

検索