同僚のTiffanyが、ランチをおすそわけしてくれました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.06.07

同僚のTiffanyが、ランチをおすそわけしてくれました

こんにちは!ジュンペイです。


僕はいつもランチタイムには公園に行って一休みするのですが、

(日焼けも兼ねて)


今日はびっくりしました。



というのも、ここ数日いろいろ難しいこともあって

少し気落ちしていたので、

今日は遠くを見ながら物思いにふけっていました。


すると、突然僕が座っていたベンチの隣に誰かが座ってきたんです。



「!??」


と思ったのもつかの間、

そこにいたのは会社スタッフで会計係の見慣れた2人。


そのうちの一人は、何度も話したことのあるTiffanyでした。



どうやら、彼女ら二人は僕を見かけて

「いつもと違う」と思ったようで、

たまたま今日がTiffanyの誕生日ということもあって、

おすそ分けにポークリブのランチをプレゼントしてくれました。





中身はこちら

(ライスもついています)



こんな姿を見せてしまったのは恥ずかしいですが、

Tiffanyとそのお友達はものすごく優しい人で、感激しました。


「Tell me whenever if you have something」

とも言ってくれて、本当に勇気づけられた1日でした。




落ち込んだときの人の優しさほど、ありがたいものはないですね・・・!



ジュンペイ


この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌で生まれ育つも 冬の寒さに耐え切れず 25歳にしてセブ島に逃亡。 海とバスケを愛する、典型的夏男。 座右の銘は、「迷ったら日焼け。」 それゆえ、たまにフィリピン人より黒いときがある。 現在バスケのクラブリーグに参加していて、セブ島制覇を目指し奮闘中。

最近の記事

検索