副大統領だったバイデンさんのスピーチを最前列で聴きました。 | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2017.05.06

副大統領だったバイデンさんのスピーチを最前列で聴きました。

今年の1月まで副大統領だったバイデンさんのスピーチを最前列で聴きました。淡々と話すのですが迫力があり圧倒されます。アメリカ史上最高のバイスプレジデントと言われる理由がわかりました。

【アメリカ最高の名誉大統領自由勲章】
バイデン副大統領はオバマ大統領から最高の名誉勲章である大統領自由勲章を授与されています。サプライズだったので感極まり涙ぐんでしまったことは有名です。
実は9年前、オバマ大統領と大統領選挙を争ったほどの実力者で特に外交での実績がたくさんありますが、人情味がある事でも知られているのです。

【外交だけでない】
バイデン副大統領のもう一つの功績はガンの撲滅です。副大統領在任中から超党派でガン撲滅のタスクホースを作り取り組んでいます。
今回、スピーチの中で「ガン克服の為に政府の支援だけでなくここで聴いている皆さんの協力が必要だ」と強く訴えていました。

【ゲノムデータコモンズを創設】
Amazonからデータ保存のためのクラウドストレージの無償提供を受け現在世界中の研究者がガン関連の医療データを共有するシステムを作りました。既に世界中の研究者から一億回のアクセスがあると言います。

【残りの人生をガン撲滅に捧げる】
このタスクホースの目標はガン研究とガン治療の進歩を2倍のスピードに上げることだそうです。バイデン副大統領は残りの人生をガン撲滅の為に捧げると明言しました。この取り組みの為に政治と離れて活動するそうです。

【バイデン副大統領の決意】
「アメリカはどんなことでもやり遂げる力がある。私たちは必ずや、驚異的なブレイクスルーを起こし、ガンの撲滅を達成する」
会場に入りきれない程いた聴衆は総立ちで拍手しました。