「フィリピンの為に生きる」セブの重鎮・岡さんの告別式 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2020.02.02

「フィリピンの為に生きる」セブの重鎮・岡さんの告別式

岡さんのお葬式が行われました。半世紀近くをセブで過ごした功労者です。今の親日のフィリピンがあるのは岡さんたちの努力のおかげなのです。告別式に参加して改めて思いました。

【不幸な過去】
岡さんがフィリピンにいらした時はまだ反日の機運が残っていました。第二次世界大戦中、フィリピンでは50万人以上の日本人戦死者を出しました。日本国外で最大の被害が出た場所です。しかし、フィリピン人の戦死者は日本人の倍の100万人だったのです。


【親日のフィリピン】
不幸な過去を乗り越えて今のフィリピンと日本の友好関係があります。岡さんたちの努力で少しずつ親日のフィリピン人が増えていったのです。岡さんはフィリピン人に日本の技術を教えることから始めました。

【セブに住む日本人】
フィリピン人に対してだけでなく岡さんはセブに住む日本人の為にも尽力しました。セブ日本人会を立ち上げただけでなく、土曜日は朝から晩まで「よろず相談室」を開き、たくさんの日本人のセブ島生活を支えました。

【他人の為に生きる】
岡さんの活動の原動力は「他人の為になる事」だったそうです。最後の最後までフィリピン人と日本人の為に働いていたのです。告別式には岡さんが助けたたくさんの人たちが参列していました。

【セブの為になる】
海外で生活をすると行くことは他人の軒先を借りて住むということです。自分の国ではありません。その国の為にならないと存在価値がないのです。岡さんはまさにフィリピンの為に尽くされました。岡さんのお葬儀に参列して、私も少しでもフィリピンの為セブの為になるような生き方をしたいと思いました。


【過去のブログ】
ブログを毎日更新しています。良かったら読んでみてください!
2020年1月 CEOブログ一覧ページ
2019年12月 CEOブログ一覧ページ