「セブ島で生きていく」ビールの栓の抜き方 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.06.05

「セブ島で生きていく」ビールの栓の抜き方



ついに、ついに習得しました。栓抜きを使わずにビールの栓を開ける方法です。「そんなことを覚えてどうする?」と言われそうですがセブで生きていくには必要な技術なのです。もちろんレストランで飲むときは栓抜きが付いているので問題はありません。しかし、外で飲んだ時は大概ついてないので必要なのです。


【瓶ビールと決まっている】
外で飲む一番の機会はアイランドホッピングの船の上です。たとえ栓抜きが無くても瓶ビールと決まっているのです。なぜ、そこまで瓶ビールにこだわるかというと値段が缶ビールに比べて安いからです。差額は10円くらいなのですがね。



【ついに習得】
今まで栓抜きを忘れるとフィリピン人にお願いして開けてもらっていました。瓶の栓どうしをひっかけて開けてしまうのです。今まではいくら試してもうまくいきませんでした。しかし、しかし、ついに習得したのです。


【開け方のコツ】
今回はわかりやすくスプーンで開ける方法を教えますね。理屈は一緒です。どこをテコにしてひっかけるかがポイントです。
瓶を持つ手の位置が重要でした。栓のすぐ下を親指と人差し指でしっかりと持ち、人差し指の付け根の関節をテコに栓を抜くのです。そうするとスポンッと簡単に開きます。



【飲みすぎました】
スプーンでできたら瓶の栓どうしで開けてもいっしょです。ぜひ試してみてください。うまくいくとヤミツキになります。必要ないのにたくさん開けてしまい飲むのが大変でした(笑)


【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/