English speaking Day | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

2016.06.07

English speaking Day

s_13392223_840869569352091_7356989890092833851_o
今日はEnglish speaking Dayです。一日中、英語しか使えません。これは生徒さんだけでなくスタッフも守っています。 セブ島留学に来ていても日本人がいるとどうしても日本語を話してしまいます。そこで火曜日は強制的に英語だけを使うようにしたのです。このルールはシーフロント校もITパーク校も同じです。生徒さんが受付に質問に来ても英語で聞いて頂き英語でお答えしています。 QQEnglishには日本人以外の外国人が多いので「English speaking Day」はいろんな国の生徒さんと親しくなる良い機会になっています。何もないとどうしても自国の生徒同士で話してしまうので火曜日は出会いの日なのです。
s_13392250_840869606018754_7133098617939708090_o
本来なら留学中は全部英語にすると良いのですが、先ずは火曜日から始めました。月曜日は新入生が来るので母国語で基本的な注意事項を話さなくてはなりませんが火曜日以降は大丈夫だからです。まだ秘密ですが少しずつ増やしていけると良いと思っています。ははは、、、 先程、まだ英語が話せない生徒が受付に来ました。 受け付け:「May I help you?」 生徒:「Today. English only?」 受け付け:「Of course yes. Please use English.」 生徒:「…. Tomorrow come again」 明日来て日本語で対応したら意味がないのですが今はこれで良いと思っています。 本当に困ったら別室で対応しているので、基本的に英語だけで押し通し妥協しません。 今回は昨日来たばかり生徒さんだったので仕方ありませんが留学中に英語で質問に来られるようになって頂きたいと思っています。 「English speaking Day」まだ初めて2ヶ月しか経っていませんが初めは悲惨でした。火曜日は英語の日なのですが先生たちには「Silent Day」と言われていました。英語を話すのを恥ずかしがって生徒がみんな黙っていたのです。先生の協力もあって少しずつ英語を使った会話がはじまりました。まだまだ定着していないので今日の私はスーパーバイザーの先生と「English Police」になって英語をたくさん話すように取り締まっています。 まだまだ道半ばですがこれからも続けて行こうと思っています。