「ブラジル日本移民資料館」壮絶な開拓史 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.11.29

「ブラジル日本移民資料館」壮絶な開拓史


サンパウロのリベルダーデにある日系人街に行きました。ブラジル日本移民資料館の見学をしたのです。正直打ちひしがれました。日本人のブラジルへの移民は想像を絶する大変さだったのです。

【リベルダーデとは】
リベルダーデとはポルトガル語で自由と言う意味です。なぜ自由と着いた地名に日系人街ができたのかお話ししましょう。実は処刑場があった場所なのです。奴隷が自由になれるのは処刑された時です。サンパウロの処刑場がある場所を自由になれる場所と呼んでいたのでリベルダーデになったのです。決して良い場所だったわけではありません。日系人が住める場所はそのような環境の悪い所しかなかったのです。



【壮絶な生活】
日本からの移民が本格的に始まったのは1908年からでした。現在ブラジルには180万人の日系人が住むといわれています。その歴史は決して平たんなものではありませんでした。
奴隷のような生活をしながら信頼を勝ち得て、少しずつビジネスを大きくしてきたのがブラジルに来た日系移民です。



【100年の努力】
多くのハンディがあったにも関わらず現在の地位を築いたのですから凄すぎます。まさに100年かけて作り上げてきた世界最大の日系人コミュニティがリベルダーデにありました。
どこの世界でも新しく来たものが優遇されるわけがありません。努力で勝ち得た地位なのだと思います。


【先人たちの努力のおかげ】
私も日本人として初めてフィリピンに本格的な英会話学校を作ったので苦労したと思っていました。しかし、私の努力など海外に出た移民の方の足元にも及びません。今回のブラジル日本移民資料館を見学して大きな刺激をうけました。
海外で暮らすものとして、移民ではありませんが、100年たった先に評価されるような人間になりたいと思います。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/