「第2回らいこう奨学金」熱戦の最終選考 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.11.24

「第2回らいこう奨学金」熱戦の最終選考


らいこう奨学金の最終選考が新宿オフィスで行われました。今回は審査員にノマドワーカーと言う言葉を流行らせた作家の安藤美冬さん。海外留学の口コミサイトの大手、スクールウィズ代表太田英基さん。そして、オックスフォード大学で行った研究でイグノーベル賞を受賞されている新見正則さんに加わって頂きました。

【らいこう奨学金とは】
らいこう奨学金とは私が個人的に100万円の奨学金を出すイベントです。「あなたが世界を目指すわけ」をテーマに論文を書いて頂き、一般投票で上位5名と特別推薦の2名が本選に進みます。そして本選では英語でスピーチを行ってもらい優勝者を決める奨学金です。優勝者は現金100万円、2位は1ヶ月のセブ島留学、3位はオンライン英会話1年分がもらえます。



【大接戦だった】
今回は2回目だったのですが予選からとても盛り上がりました。最終選考に中学生、高校生、大学生から社会人まで幅広く残り素晴らしいスピーチばかりだったのです。本当に選ぶのが大変でした。

【3位の福井七海さん】
3位になった福井七海さんは中学生でした。人の幸せを作るのはAIではなく人間で、人間しかできないことをやりたいと訴えたのです。英語だけでなく内容も素晴らしいスピーチでした。



【2位の山口桃里さん】
2位の山口桃果さんのスピーチはまるでTEDのスピーチを聞いているかのような完成度でした。美は数式で表せるかというスピーチでとても女子高生とは思えない内容です。表現力も素晴らしく、将来日本を引っ張っていく逸材だと思います。

【優勝の藤原直之さん】
優勝者はオペラ歌手を目指している藤原直之さんでした。熱意が凄くスピーチは涙が出るほど素晴らしい内容だったのです。あきらめないで挑戦し続ける姿は今日来ていたすべての人を感動させるスピーチでした。



【甲乙つけがたかった】
4位以下のスピーチもどれも素晴らしく甲乙つけがたい参加者でした。今回で2回目でしたが行ってよかったと思います。最後は懇親会まで盛り上がり、最後は優勝者の藤原直之さんがオペラを歌ってくださり、感動のフィナーレになりました。

【有意義なお金の使い道】
正直に言ってらいこう奨学金は個人のお金なので大変です。しかし、生徒さんから頂いた学校のお金を奨学金に使うのは違うと思っています。
お金の一番有効な使い方は成長するために使う事です。自分が成長するために使うのも有意義な使い方ですが、自分以外のより必要としている人が成長するためにお金を使えればさらに素敵だと考えます。財布は薄くなってしまいましたが、心が膨らみました。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/