実は寒い日もあるセブ島!? | セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2017.03.06

実は寒い日もあるセブ島!?

こんにちは、セブのふみかです。
みなさまお元気でしょうか? 今年は特に寒い冬だと聞いています。でも、カレンダーでは、春はすぐそこ。寒くって、コートが着れても、スキーができても、鍋が美味しくても、そろそろ春が恋しいのではないでしょうか? こちらセブでも、実は同じなんですよ。

「寒いねぇ」
「今日は特に寒いよね」
これは先生達の会話です。
「風邪ひいたみたい」
「寒いしねぇ」
こちらはフィリピンスタッフ達の会話です。

先生達は寒がって、ブレザーを着て、中にはセーターを着こむ先生もいます。もちろん、エアコンが効きすぎて寒い分けではありません。たまに、エアコンでステーションが冷えすぎる場合もあるのですが、今は、外から入って来た先生達が寒がっているのです。

異常気象ではないんですよ? 留学に来た生徒さん達にとっては、
「あれ、思っていたほど暑くないね?」
「空港着いたらむわっとしたけど、それほどでもないよね」
と言うくらいには暑いのです。

でも、長年セブにいるスタッフさんに聞いてみると、
「25℃を下回ると寒くてみんな上着が欲しくなるし、海に入るなんて問題外ですよ! 20℃近くになると、寒くて風邪をひくくらいです」
と言う話なのです。
体感温度の違いでしょうか。一年を通しての温度の差が10℃も無いので、ちょっとした差で寒く感じてしまうようです。

だからでしょうか、日本と同じで、みんな春を待っています。と言うよりも、みんな夏を待っています。3月頃から、セブの夏が始まります。そろそろ暑くなっても、いいはずです。
夏になると、痛いほどの太陽がやってきます。抜けるような青空になって、皮膚はちょっと外に出るだけでチリチリしだす、あの暑い夏がやってきます。寒がりつつも、セーターやブレザーがお気に入りの先生達ですけれど、太陽を見て溜息をつく姿は、日本といっしょです。日本で、春を待つように、夏を心待ちにしているからです。

私も灼熱の夏が楽しみです。

この記事を書いた人

ふみか

趣味は読書。英語は最近頑張り始めたところ。会話で打ち合わせは出来る程度の英語力。実家は東京で、新宿で事務職をしていた。外に出ない方なので、もっと違った事をしたいと思って、Cebu就職を決断。マイペース。時々、俳句を詠む。Cebuで絶賛のフルーツはバナナ、これが分かる人間はCebuを知っている人間だと思っている。Cebu歴2年。

最近の記事

検索