総勢1300名が参加した、QQEnglishアニバーサリーパーティの様子 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.07.17

総勢1300名が参加した、QQEnglishアニバーサリーパーティの様子


こんにちは!ジュンペイです!

6月23日に、QQEnglishの創立9周年パーティーが開かれました。

場所は、マクタン島のリゾート地にある Solea Mactan Resort.


巨大なホテルの一角を完全に貸し切って、

広大な野外スペースの中1300人が集まり

超大規模なパーティーとなりました。


 

こちらが、会場入りを行列に並んで待つスタッフ・先生達。

海の目の前で、中には巨大なプールもあり、

まさにセブらしさを感じられる最高のロケーション。



参加者の8割〜9割以上は先生。

定かではないですが、おそらく1200名ほどは先生で

そのうち9割は女性でした。


 

この日のドレスコードは、フラワー。

ほぼ女性がメイン&全員が花柄を着用ということもあり、

本当に「華やか」の一言に尽きる一日でした。



テーブルの数も、もう数え切れないほど。

パーティーが大好きなフィリピン人の先生たちは、いつも以上にイキイキしていました!


 


こちらは男性ティーチャーなのですが、中にはミスターコンテストに出場した人も。

真ん中右側の色白でタンクトップの男性は、ステージに出たときから

黄色い歓声が止まりませんでした。


 


いよいよパーティーが開始。

盛り上げ上手な司会により、段々と会場のボルテージが上がっていきます。



弊社社長のライコウさんと、

同時期に校長先生への就任が決まった須藤元気さん。

お二人のコラボは非常に新鮮で、見ていると思わずこれからの展開にクワクしてしまいました。

 

まさか須藤さんのようなすごい方が校長先生になるなんて誰も予想していなかったので、

「次は何が起こるんだろう?」と思わずにはいられないのが

QQEnglishの良さだと思います。



客席も笑顔満点です。この日は、セブだけでなく

日本オフィス、中国オフィス、エージェントや関係者の方々も国内外から集まっていました。



テーブルごとに、隣の人と手をつなぎ和を作るアクティビティ。

やる前は、「恥ずかしい」とか「別にやってもな」と思っていたのに、

やってみるとびっくり。

なんだか勝手に盛り上がってしまいました。笑



そして、会場の全体にみんなが集まり写真撮影。

ドローンも使ったりと、気合の入り方もアニバーサリーならではでした。



ライコウさんはなんと一眼レフを使って

自分を含めた全体のセルフィーを撮ろうとしていました!

さすが、大胆です!!


 


ドローンを使って撮った写真が、上のものです。

改めて、人数がとんでもないですね。



その後、優秀な成績を残した社員に対して

表彰式が行われました。

その様子を見ていると、日頃から努力している人の笑顔は

キラキラしていて素晴らしいなと思いました。


 


そして改めて、また全員集まっての集合写真。

この日は2回、3回とみんなが集まっての写真を撮りました。

もう、パーティーというかパレード?

野外フェス?というほどお祭り状態だったので、ここまでの体験はしたことがなく新鮮でした。



一旦落ち着き、演奏を聞きながらディナータイムへ。

日本ではなかなか見ない演奏で、これまた外国感が溢れていて新鮮でした。



ディナーが終わり、いよいよパフォーマンスタイム。

ここからはすべてフィリピン人の先生・スタッフによるショーが続きます。

まず最初は、ダンス。

一人ひとりハイレベルな動きをしていて、

「いつの間に練習していたの?」と言いたくなるほどでした。



次はいよいよ・・・ミスコン!!

と言いたいところでしたが、この写真はミスターコンテストのものです。

上の写真に出ている男性は、森の野獣のコスプレをしてランウェイを歩いていました。

女性の先生方が歓声をあげていて、会場は大いに盛り上がりました。

特に、この後にイケメンでマッチョの男性がポージングしたときには

黄色い歓声は最高潮に。


 


そして、いよいよフィリピン人にとって欠かせないイベントである、ミスコン。

美しさに自信のある先生達が、こぞって出場したのですが

約1,200名の中から選ばれた15名ほどの女性たちはやはりキレイでした。

というより、もう会場の歓声が本当にすごかったので

初参加の僕からするとミスコンというより

会場の盛り上がり方のほうが驚きというか新鮮で夢中になりました。


 


一人ひとり、妖精?の衣装を着てランウェイを歩きます。

決めポーズも入念に考えられていて、その人らしさがよく伝わるショーでした。



最後に人気投票があり、約15名の中から勝ち上がったのはこの女性!

Fire Queenとして登壇したこの人は、最初から目立っていました。

1位を取ったときの会場の盛り上がりは尋常ではなかったです。

さすがミスコン大国、フィリピン。



さて、メインステージが終わった後は、なんと花火も打ち上がりました。

いよいよパーティーも終わりか?と思ったところ、

突然泡マシンが登場しクラブミュージックが爆音で流れ始め・・・


泡まみれの中踊ります。

こういう表現も変なのですが、泡が地面に積もり

半分シャワーを浴びているような感じでした。

先生もスタッフも関係なく、みんな我を忘れて夢中になりはしゃいでいました。



最高のロケーションと最高のイベントで締めくくられた9周年パーティー。

来年、再来年ともっと大きなことをやれるように、

一日一日しっかりやっていこうと改めて感じた一日でした!


ジュンペイ



 

この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男で なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索