スタッフの日常編〜新人のタカくんが日本からのお土産にカントリーマアムをくれました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.06.04

スタッフの日常編〜新人のタカくんが日本からのお土産にカントリーマアムをくれました

こんばんは、ジュンペイです。


イベント続きだった5月も終わり、落ちついている近頃。

日常ムードが校内・スタッフ内に流れています。


夕方の5時になり、僕は仕事も終わり一段落していたところ
隣の席のタカが、なんと不意打ちでカントリーマアムをくれました。



見て思ったのが、超久々。

半年前に日本を出た僕は一度も帰国していなくて
すっかりセブに馴染んでいたので、

あまりの懐かしさとマアム感により
ついに感涙。



まさか、3つ下のタカに泣かされるとは思わなかったです。


※泣いてません





それはそうと、タカと僕は4月に入社した同期です。

彼は今、営業の仕事やお客さんの対応を担当していて
今日からついに電話対応を始めたようです。



真剣にパソコンを眺めるタカ





電話対応するタカ




タカの趣味は日本に帰ることで、その都度みんなにお土産を買ってきてくれます。


ちなみに「好きなタイプは年上です」と前飲んだときに言っていました。


そんなタカを、これからよろしくお願いします。



ジュンペイ





つづく

この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌で生まれ育つも 冬の寒さに耐え切れず 25歳にしてセブ島に逃亡。 海とバスケを愛する、典型的夏男。 座右の銘は、「迷ったら日焼け。」 それゆえ、たまにフィリピン人より黒いときがある。 現在、バスケを一旦中止し、新たな趣味を探している。

最近の記事

検索