セブ島留学の課題〜年々道路渋滞がひどくなっている?現状と理由・今後に関してを調査してみました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2019.03.06

セブ島留学の課題〜年々道路渋滞がひどくなっている?現状と理由・今後に関してを調査してみました


こんにちは!ジュンペイです!

留学生の方や現地にお住まいの方など、セブにいらっしゃる日本人の方は1万人以上と言われていますがみなさん口をそろえて言うのが「この渋滞はなんとかならないのか」ということ。少しでも改善されているのならまだしも、自分の体感ではセブに始めて来たときよりもひどくなっている気がします・・・笑

今日はそんな渋滞と道路状況の今後について非常に気になり、いても立ってもいられなくなったので調べてみました。


セブの渋滞がなかなかひどい



今まで自分は東南アジアではタイにも行ったことがあり、そこで長距離移動をしたりして道路を少し見てきたのですがセブは特にひどいです。
タイは国も大きくてある程度道路も広く、車線も多かった印象があるのですが、セブ島は地図で見てもかなり小さいため道路も基本的に2車線のところばかり(片側1車線)。少し広いところでも、片側2〜3車線と、人口200万人がいることを考えれば全く優しい設計とは言えません。

ちなみに今回自分が言及している、特に渋滞がひどい場所はこのストリートです。



毎朝バイクタクシーで通勤している自分も、年々渋滞の悪化を感じています。バイクでオフィスまで10分程度の距離に家を借りて住んでいるのですが、朝の通勤ラッシュの時間帯はひどいです。9:30をすぎると特にひどくて、信号待ちになっても列が長すぎて信号が全く見えない上、全然進んでくれません。きっと、渋滞がない深夜なんかだと4〜5分あれば着く距離なのに、下手をすると15分〜20分もかかっています。ありえないことです。ちなみに歩いたら20分でオフィスに着くのでこれから毎朝歩こうかと真剣に考えています。笑


渋滞の主な理由



ではなぜこんなに渋滞がひどく、改善もされないのか。

簡単に思い浮かぶ理由は2つあります。


一つは見てわかるように道路工事をしているため。上のマップでお見せした、SMからIT Parkに向かう道路は片側2車線あり交通量もセブの中でかなり多い場所になっているのですが、何とそのうちの一車線は現在道路工事していて塞がれてしまっているんです。しかも、IT Parkに行く方なのでセブ市民の朝の敵とも言えるような凶悪な存在になっています。これはまずい・・・

考えてみるとわかるのですが、セブで数少ないオフィス街であるIT Parkにはセブシティのみならず地方からも通勤で人が集まってくるのに、その途中にある重要な道路が結構な長さで1車線になっているなんてバカげたことです・・・
日本であれば必ず建設会社にクレームが来るレベル。なのにそんな工事が半年くらい行われていて、まだまだ終わる気配がありません。これなら渋滞にならないはずがない・・・と思ってしまうほど。

ちなみに工事の理由を調べてみたところ、下水道工事とのこと。たしかに大型の機械で地中を掘り下げて、パイプやら何やらを通しているのを見かけます。セブのインフラはまだまだ出来上がっていないのです言うところからやらなければいけないのですね・・・

参照元:セブ市長がサリナスドライブ付近の下水道工事に関して言及した記事



もう一つは、人口が増え続けている上にバイクと車の数も増えているため、交通量自体も増えているわけです。セブにいて1年半になりますが、長くいるとそれをすごく感じます。昔はまだそこまでバイクも多くなかったのですが、車もバイクも増えているため日々渋滞が深刻になっている気がします。



実際、フィリピンの人口ピラミッドを見ると若い年代が急増しているのがわかります。




ただ、人口だけが増えても豊かになっていなかったらみんなバイクや車を買えませんよね。
ここで、もう一つ重要な要因が国内総生産(GDP)の伸び方。GDPから、一人あたりの支出を計算することによって「個人がどれだけのお金を使っているのか」とその推移を見ることができます。つまり、一人あたりの支出額が年々増えていれば、車やバイクを買う人も増えていきます。

まず見つけたのは、フィリピンのGDPの伸びを示したグラフ。



他にも調べてみたところ、見つけたのがこちら。

参考1:フィリピンの一人あたりの支出が増加している事がわかる記事


参考2:一人あたりの総生産の伸びがわかるグラフ


結果的に、2017年の時点では前年比+7%を記録したとのことで、一人あたりの消費量は増えていることがわかります。先ほどの人口ピラミッドを見ても、若い年代がどんどん増えており、仕事をし始める20歳前後の人達がどんどんバイクや車を買おうとするのは容易にイメージできます。


最後に、ホンダの車がフィリピンでどれだけ売れているか?についての記事があったのでご紹介しておきます。

参考:ホンダがフィリピンで2017年に売った車の数


まとめ


今日お伝えしたように、渋滞には様々な要因が絡んでいそうです。

・セブの「島」ならではの地形により、山も多いため道路スペースが狭く車線が少ない

・インフラ整備が発展途上のため道路工事が頻繁に起こり車線が塞がることもある

・若年層の急激な増加と国内消費が上がっているため、車とバイクがこれから更に増えていく(Hondaの売上も急増中)



少なくともこの3つの理由により、これからセブの渋滞はまだまだ悪化していきそうです・・・・

今後は道路や交通システムを抜本的に変えない限り、改善は難しいかも?


僕個人としては、バイクを買おうと思っていましたが通勤ラッシュ時には全く意味を成さないということがわかり、しばらくは徒歩で健康的に通勤していきたいと思います。笑


ジュンペイ


(フィリピン事情)