「フィリピンから沖永良部島」セブ島にいくより大変 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2019.10.31

「フィリピンから沖永良部島」セブ島にいくより大変


沖永良部島に来ています。島と言えばフィリピンだと思っていましたが、日本にも美しい島が沢山ありました。沖永良部はとっても良いです!のどかな時間が流れていて日本とは思えない場所でした。そして、そして、島の形がナイキマークみたいでカッコいいです!

【思ったより遠い】
しかし、東京から遠すぎる、、、鹿児島乗り換えで6時間もかかってしまいました。セブ島なら直行便があるので4~5時間なのですが。値段もセブ島に行く倍の値段がかかりました。日本も思ったより広いです。



【東京経由か台湾経由】
今回は強行軍でした。セブ島→成田空港→羽田空港→鹿児島→沖永良部島メッチャしんどかったです。セブ島から成田空港に行く途中に飛び降りられれば2時間なのですがね(笑)台湾→沖縄→沖永良部島も考えたのですが、乗り継ぎが悪くてやめました。

【マクタン島とほぼ同じ】
セブ島は南北に300キロ以上ある沖縄の倍以上の大きな島です。そして飛行場のあるマクタン島は1周40キロほどで沖永良部島とほとんど同じ大きさです。沖永良部島の人口1万4千人弱ですが、なんと、なんとマクタン島は14万人以上住んでいます。



【人口はまるで違う】
同じサイズの島ですが、本当に違います。美しい海があるのは一緒ですがそれ以外はまるで違います。人口爆発のマクタン島は3年で30%も人口が増えていますが、沖永良部島は過疎化が進んでいます。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/