「ヘルシンキ食べ歩き」私が食べた朝昼晩 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.07.03

「ヘルシンキ食べ歩き」私が食べた朝昼晩


【屋台が最高】
どこへ行っても、やっぱり好きなのは屋台です。港のある公園にマーケットができていたので寄ってみました。なんと、なんと。鉄板の上で豪快にシャケを焼いています。とっても気になったのでオーダーしてみました。

【フィンランドの鮭】
厚切りジェイソンではないですが、分厚く切ったサーモンを岩塩で焼いています。タルタルソースとレモンで食べるのですが最高でした。サーモンといえばノルウェーと思っていましたがフィンランドのサーモンも美味しかったです。

【かもめ食堂】
街をふらふらしていたら「Ravintola KAMOME」という日本語の看板を発見しました。なんと、なんと2006年に上映された映画「かもめ食堂」で使われたレストランです。初めて来た街では絶対に入らない日本食レストランですが、フィンランド料理と書いてあったので入ってみました。


【色々なフィンランド料理】
9種類の料理が入った「Oishii Finland」というお弁当をオーダーしました。トナカイの肉、ヘルシンキ風肉団子、サーモン、ポテトサラダなど、たくさんのフィンランド料理を一度に食事を食べられるのが特徴です。

【一押しのレストラン】
最後は船乗りが愛したと言われるお店に行きました。「Ravintola SALVE」という地元の方が集まるレストランです。ここの一押しはニシンのフライです。バルト海で取れた新鮮なニシンをサクサクにあげていてとても美味しいのです。


【美味しい食べ方】
ニシンは12匹ありマッシュポテトの上に載ってきます。レモンがついているので絞って食べてください。地元のビールと合わせて食べると最高の気持ちになります。値段は17.9ユーロでした。今回一押しのレストランです。ヘルシンキに来たらぜひ行ってみてください。
19時半を過ぎると満席になるので早めに行く方がいいです。大人気のレストランです。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/