「セブ島からウラジオストク」カニの聖地 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

CEOブログ

2018.09.10

「セブ島からウラジオストク」カニの聖地


ウラジオストクまで来ました。なんと、私の大好きなカニの聖地です。深夜のエコノミークラスだったのでフラフラでしたが、夜はカニを食べに海沿いのレストランまで行きました。疲れていましたがカニの魅力にはかないません。

【おすすめのレストラン】
ウラジオストクでいったおフィッシュレストランは「Pyaty Ocean」と言う眺めのいいレストランです。水槽の中にいるカニを選んで料理してもらえます。タラバガニもいたのですが一人だったので毛ガニを選びました。

【毛ガニを選ぶ】
毛ガニも日本で食べるカニと違ってとても大きく1.5キロほど。そして、値段は3000円ちょっとでした。そして、そして
何よりも違うのは身がいっぱい詰まっていることです。品質のいい取れたてを仕入れているのでしょう。とても美味しかったです。



【最高の贅沢ですが、、、】
しかし!!!なんという贅沢なのか、さびしい人生なのか1.5キロもある大きな毛ガニを一人で食べなくてはなりませんでした。やはり食事は誰と一緒に食べるのかも、重要な要素なのですね。味は美味しかったですが、何かが足りませんでした。

【ダイエットプログラム実施中】
現在、須藤元気校長のダイエットプログラムをやっているので炭水化物を制限しています。どんなに美味しそうでもパンは食べられません。そしてお酒も禁止なのでワインも、ウォッカも飲めませんでした。



【子供のころのあこがれ】
カニだけを頼んで、カニだけでおなかいっぱいにする。子供のころ想像した贅沢ですが、実際にやってみると実に寂しいオーダーでした。ウラジオストクはとても素敵な街だったのでもう一度来なくてはなりませんね。誰か一緒に来てくれる素敵な女性はいないかな、、、

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/