「タイの学校視察」セブ島とタイの懸け橋 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
CEOブログ

2019.02.20

「タイの学校視察」セブ島とタイの懸け橋


タイの学校の視察にきました。バンコクの市内から30キロメートルほど離れたところにある生徒数2600人のマンモス学校です。私立の学校ですが、週に6日間授業があるスパルタ式の進学校でした。

【英語教育を変える】
今回の学校視察の目的はセブ島留学とオンライン英会話、そしてフィリピン人教師の派遣です。今、タイの学校は英語のスピーキングに力を入れていてQQEnglishのシステムに興味を持たれたのです。

【トップはすべて女性】
学校長、教頭先生、進学担当の先生とお話しをさせて頂きたのですが、全て女性でした。学校は男女共学ですが学校のトップは女性です。みなさん熱心に話を聞いて頂きました。もちろん会話はすべて英語で行われますが、鋭い質問ばかりでシビレました。ははは、、、

【話すことができない】
タイの教育は日本と似ていて、読み書きと文法中心で英語を話せる生徒が少ないのです。これからはグローバル人材が必要になるのでいち早くQQEnglishにコンタクトを取ってきました。

【人材確保が難しい】
バンコク市内ならまだしも、少し郊外に出ると英語の先生を確保するのも難しいそうです。フィリピンから先生を招致したいと真剣に仰っていました。タイとフィリピンは気候も似ているので相性が良いかもしれません。

【フィリピン人の英語力】
まだまだ、話が始まった所ですが、フィリピン人の英語力がアジアで注目されています。日本、韓国、中国だけでなく、色々な国が英語のスピーキングに力を入れるようになってきました。今後ますます忙しくなりそうです。

【援軍大募集】
「英語で世界を変える」為に奮闘中です。どんどん大きくなっているので優秀な人材を大募集しています。COO、マーケッター、IT技術者、営業、ブロガー、全てが足りません。QQEnglishは世界を相手に戦っています。英語や海外に興味がある人だけでなく、拡大するネットベンチャーに興味のある方は是非ご連絡ください。一緒に世界を変えましょう。
https://www.qqeng.com/recruit/