1300人が参加したセブ島最大のクリスマスパーティー | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.12.06

1300人が参加したセブ島最大のクリスマスパーティー


こんにちは!ジュンペイです!
QQEnglishは先月11月に、一足早くクリスマスパーティーを行いました。

先生・スタッフを含め1300人が参加するという超大規模なパーティーで、簡単に言うと1年間頑張ってきた先生たちのための打ち上げのようなものです。もちろん社内限定で、生徒さんは参加しない内輪でのパーティーだったのですが、ド派手な演出もあったりと盛り上がりました。

そのハイライトを振り返っていきたいと思います。




まずは、司会のKurtが場を仕切ります。1300人の先生・スタッフの前で行われたオープニングスピーチは身内でのブラックジョークを交えて大変盛り上がり良い出だしとなりました。自分としても、パーティーと言うとこれまで友達や先輩の結婚式には参加したことがありますが、流石に1,000人規模での宴には参加したことがなかったので会場に入るやいなやスケールの大きさに少し気が引けました。




ライコウさんとCOOであるワン・ジュンさんのスピーチが終わった後、さっそく参加者全員での記念撮影。みんなでステージ付近に集まり、数にものを言わせて盛大な写真を取りました。人生でもなかなかこんな写真に写れる機会はないと思いました。と言っても、人が多すぎて写っていないのですが。




その後は、社内での功労賞を表彰したり、女性が多いQQEnglishならではファッションコンテストが。参加した女性は本当に気合を入れてドレスアップそしてメイクアップをしており、3時間くらいかけてプロのメイクアップアーティストに手をかけてもらうなど、気合の入れ方が尋常ではなかったです。本当に、パーティーにかける情熱はすごいものだと思いました。




その後は、メインとなるパフォーマンスタイム。今回のパーティーのテーマは「世界の歌姫がQQEのクリスマスパーティーに来る!」というもの。もちろんそんなはずもなく、実際には先生たちがそれぞれレディーガガやビヨンセ、リアーナ、ブリトニースピーアーズ、シャキーラ、ニッキーミナージュなどに扮して歌とダンスを披露するというもの。メインシンガー1人とバックダンサー10名弱がそれぞれのグループに分かれており、総勢8グループほどで競い合うコンテスト形式になっていました。




こちらは南米コロンビアの歌姫・シャキーラに扮したグループ。数年前にワールドカップのテーマソング「Waka Waka (This time for Africa)」を歌ったのが有名で知っている人もいるかもしれません。




シャキーラを演じているのは女性ではなく男性なのですが、フィリピンではこれが普通です。いたって正常な光景です。




お次は、ビヨンセ。ステージ裏の扉が開いたと思いきや、突然現れたこの人。
存在感抜群。迫力ある動き。そして溢れんばかりのオーラに、会場は総立ち。

これほど自分に自信を持った人もなかなか見たことがありません。カリスマ的存在感を放ってした。




さらにバックダンサーも続きます。他のアーティストもすごかったのですがビヨンセグループの存在感は群を抜いていました。
黒色の衣装、大胆な動き、ダンスムーブのキレ、すべてが強く印象に残り客席の歓声がそれを物語っていました。
なにより、やはり中心にいるビヨンセの存在感は半端ではありません。



「勝負あり」と言わんばかりの決めポーズ。次のアーティストには大きなプレッシャーが。




次のアーティストはブリトニー・スピアーズ。もしかしたらニッキーミナージュだったかもしれません。どちらかは忘れたのですが、この人の表情はずっと忘れないと思います。




さあ、ココからはサプライズタイム。イベント好きなスタッフが集まり急遽プログラム外のダンスパフォーマンスが。
皆、ダンス上級者でツワモノ揃い。繰り広げられたダンスの嵐には会場圧巻でした。




ついにすべてのグループのパフォーマンスが終わり、結果発表。

激しい競争の中、今回勝ち残ったのは・・・ビヨンセ!

やはりあの存在感は尋常ではなかったです。




他のグループも、素晴らしいパフォーマンスでした。時間をかけて準備したメンバーたちに、感謝!




パーティーの仕掛け役となったフィリピンスタッフたち。Thank you so much!

ジュンペイ


ハイライトムービーはこちら



この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索