セブ島留学の週末は家でナチョスパーティー?ルスタンススーパーマーケットで食べ物が何でも買える! | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.12.07

セブ島留学の週末は家でナチョスパーティー?ルスタンススーパーマーケットで食べ物が何でも買える!


こんにちは!ジュンペイです!

実は昨日、定期的な買い出しのためにアヤラまで買い物に行ってきました。場所はアヤラに直結しているスーパーマーケットの、ルスタンスです。

ここは自宅からも近く、質のいいモノを置いているので重宝しています。

そこで見つけたグッズについてや、ホームパーティーのアイディアについてお伝えしていきます!



ITパークから近くてしっかりしたスーパーはここ!



ITパークに住んでいる方ならきっと誰しも困ることがあります。それは、スーパーマーケットが遠いこと。

最寄りと言えばラホグ地区のJYスクエア、またはガイザノカントリーモールかと思うのですがいかんせん遠いですよね。

そんな中、意外とアヤラ付近ならタクシーで10分程度で行けてかなり近いです。

さらに、ルスタンススーパーマーケットは真上にある高層コンドミニアムに住んでいる富裕層も利用するので食材が厳選されており、かつ小綺麗で使いやすい場所です。

自分もセブ市内のスーパーにはだいたい行ったのですが、最終的にはルスタンスが一番好きでよく使っています。一見見た目は高そうですが、値段は普通なのでその点も安心です。


内容としても牛乳やハム、チーズなどに始まり何種類もの野菜やフルーツ、調味料、日本食、お米、そして缶詰やコーンフレーク、そしてお酒とおつまみなど揃わないものはないと言っていいほど。

品揃えに関しての心強さが半端ではありません。さらに、日本人の利用客もちらほら見かけたり、アヤラモールに直結しており人通りも多いため治安に関してもまったく心配いらないのがおすすめできる理由です。



ホームパーティーにベストなグッズが多い



留学期間中の週末といえばツアーやレストラン・バーに行くのもいいですが、せっかくなので部屋に友達を呼んでみんなでワイワイやるのはどうでしょうか。(もちろん騒音などのマナーは守った上で)

ドミトリーの生徒さんだと規定があるかもしれませんが、ホテルやコンドミニアム滞在の方であれば友達数人と飲んだり、一緒に料理を作ったりして楽しむこともできるのではないかと思います。


そんな下ごしらえにもぴったりなのがここ、ルスタンス。僕は昨日、あるものを見つけてしまいました。

それは、ナチョス。もちろんソース付き。
実はメキシカン料理が好きすぎて、「メキシコに住んだらご飯は一生心配いらないな」と休憩中にいつも考えてしまうほどメキシコ料理を愛しています。

もちろん、セブにもメキシコ料理店はあります。代表的なのが、レッドリザード。以前のブログでも紹介したので、よければチェックしてみてください。



レッドリザードの料理はめちゃくちゃ美味しいんですが、いかんせん高いのです。ちっちゃなナチョスを頼んでも、平気で数百ペソしてしまいます。

ですが、昨日ルスタンスで見つけたナチョスはなんと200gで90P。そして、ディップするためのソースは250P。とはいえ、これは何回も使えるので1回分を考えるともっと安いです。

これで、ホームナチョスセットができてしまいました。さらに、ルスタンスではお酒も売っておりフィリピンではお酒が安いため十分にこれでホームパーティーも可能です。もちろん、スナックやソーセージだって売っています。最高の設備です。



実際に食べてみた


長い間メキシカンを食べていなかった僕は、ナチョスとソースを見たときの衝動を抑えきれずソッコーで買い、いざ頂くことに。



まずは、開封の儀式から。こちらがソース。ラ・コステーニャ。ラテンを感じる名前です。



こちらが、ナチョス。厳密にはタコスを入れるカバー?みたいなものかもしれません。よくわかりませんが美味しければいいので、頂くことにします。



中には、フライドチップスのような感じの皮が、ぎっしり。



パリッと割り、さっそくソースへつけることに。


さあこちらが本日の舞台。カバーを開けるやいなや、最高にメキシカンな香り。
トマト・オニオン・ハラペーニョが凝縮された濃厚ソース。もう匂いからして最高です。



いよいよ、投入!ソースとナチョスの融合。



なんだか、形がタイタニック号のように見えてきました。映画を思い出し懐かしくなり、せっかくなのでもう少し沈めることに。



更に沈んでいくタイタニック号。深いソースの奥底へと眠ってゆきます。美しくもあり、切なくもある。でも、一つ言えるのはちょっと辛そう。



ついに、海底までたどり着きました。もう味も染み込んだはずなので、そろそろ引き上げることに。



無事上陸。ソースもたっぷりと乗っておりいかにも美味しそう。いただきます!



忘れていましたが、本日の脇役①、プリングルス・ハラペーニョ味。ナチョスに出会う前、このメキシカンテイストを見て一気に惹かれ即決で買いました。ナチョスのおかずです。



おっと、忘れてはいけません。脇役②、オレンジジュース。辛さのお供として最適。ちなみにセブ島に来てから1年、自分はほぼ毎日欠かさずオレンジジュースを飲んできたのですが、風を引いたことは0。留学に来て体調を崩す生徒さんが多いので、ぜひオススメしたい相棒です。ルスタンスでは、このように10個パックで120Pくらいで売っています。



コスパが良すぎるナチョス@家


さあ、大食いの僕がナチョスをお腹いっぱいに食べ満足した結果。



まだ、ケースには残り半分、つまり100g分のナチョスが残っています。ケース半分でも、多分女子なら3人分、男子でも2人分くらい。これで一箱(200g)90Pなので、一回に食べるのが100gなら45P。安い。



お次はソース。



まだケースには残り3/4ほどのソースが残っています。1ビン250Pなので、1回あたり約60P。合計しても一回100Pでナチョスとソースを存分に楽しめてしまいます。最高のオプションを見つけてしまいました。



これにコロナビールを合わせたら、最高にメキシカンな雰囲気を楽しめそうです。

みなさんも自分の好きな料理を見つけて、週末にでもホームパーティーを楽しんでみるのはいかがでしょうか。


ジュンペイ


この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索