セブ島留学でコンタクトレンズを買う〜1ヶ月使い捨てのレンズを、トータル435P(=1000円)で買ってみました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2019.03.01

セブ島留学でコンタクトレンズを買う〜1ヶ月使い捨てのレンズを、トータル435P(=1000円)で買ってみました


こんにちは!ジュンペイです!

留学生の皆さんは、現地で持ち物をなくされたことなどあるでしょうか?

もしかすると中には、ものを盗まれたり何か紛失したりと言ったトラブルを経験される方もいるかも知れませんね。

また、現地に来て長い方はコンタクトレンズを買いたいという人も中にはいるかも知れません。今日は在住歴1年ちょっとになる自分が、実際にアヤラモールにて格安でコンタクトを洗浄液を買う方法をお伝えします。



アヤラモールのEQに行ってみた


アヤラモールでコンタクトレンズを買えるお店は5つほどあります。

今頭に浮かんだ店舗を書き並べてみると、

・Ideal Vision
・EO Executive Optical
・Acebedo Optical


と、3つがあります。


今日はそんな中、ランドマークであるH&Mからほど近い場所にあるEO-Executive Opticalに行ってきました。

場所はH&Mの目の前にあるので本当にわかりやすいです。



普通、記事でお店を紹介するときには地図を埋め込んだりするのですが、その必要もないほどわかりやすいので省略します。

こちらのお店は白っぽい光が結構強く輝いていて、色でも見つけやすいです。その上、入り口や店内にはこれでもかというくらいメガネが置いてあるので一瞬でわかるはずです。


フィリピンでレンズ作成にかかる時間


日本であればコンタクトレンズを買うのって結構時間がかかりますよね。

実際に眼科に行って作るとなると毎回検査が必要ですし、ドクターの検診も必要。そしてやっと処方箋が出たと思ったらコンタクトレンズに行く必要があり、2つをこなすとなると結構気疲れするのを覚えています。最終的に僕は通販サイトで種類と度数を入力して買って、病院に行くというめんどくさい過程をすべてショートカットする、という結論に至りました。


そんな中、フィリピンではいとも簡単にコンタクトレンズを買うことができます。結論から述べると、初回でも30分程度、2回目以降は最短5分でレンズを買うことができます。
え?と思われたかもしれませんが規制がゆるいせいかそれほどめちゃくちゃ簡単なのです。



実際にやったこと


初回にやることは日本と同じで、機会を使った簡単な視力測定の後にドクターの検診を受け、度数の確認をしたあと実際に購入となります。お店が混んでいるときは1時間ほどかかることもありますが、空いているときなら30分程度で購入までが完了します。かなりスムーズですよね。

そして2回目に至っては、自分が以前購入したレンズの写真や数値のデータがあればそれを見せるだけですぐに買うことができ、5分もかかりません。まるで普通の買い物のようなレベルです。日本で、特に街中で眼科に行くとなるとかなり混雑している中を待ち続けなければいけず、下手をすると1〜2時間待つこともあるのに対して、このスピード感、というよりこのコンビニ感覚は超最高です。



レンズの種類とお値段


さあここまで読み進めた方が気になるであろうことが、お値段。そしてレンズのブランドや種類かもしれません。

まず、このレンズについて見てみたところ、このようにEOというこのお店の独自ブランドとなっていました。きっと店舗数が多いからか、自社で作っていると思われます。




そしてレンズに関して最も重要であろうことが、装着感とフィット性。どれだけ高い値段がするレンズでも、自分の目に合わなければ全く意味がないですよね。
最初は外国産のレンズだと聞いて自分に合うかが不安だったのですが、つけてみるとビックリ。めちゃくちゃ潤っている上に、日本のものよりも体感としてはフィットしているような気がして、結果的には全く問題がなかったです。

というよりも、非常にクリアな見え方がして、かつそこそこ長時間つけてもあまり乾きやゴロつきなどの不快感を感じることがなかったので、驚きました。今ではむしろこのレンズのほうが格段にフィットして、違和感を全く感じません。


※実際、自分は最初にアヤラ内の違う店舗でレンズを購入したことがあります。しかし当時つけていたのはいまご紹介したものとは違うブランドで、あまり目にフィットした感じはなく、つけていてかなり不快感が高かったです。すぐに乾くし、ゴロつくし、日本でつけていたときと比べると結構集中力が妨げられる気がしてあまりいい心地はしませんでした。当時のレンズはこちら。



※人によって相性があるため断定はできません。あくまでも個人の体験に基づいた主観であることをご了承ください。


ちなみにこの1ヶ月用のレンズ。両目のペアで、お値段合わせて・・・・280P。600円もしません。かなり気軽に買えてしまいます。
日本だと、2Weekのレンズが6個入ったのが片目で2400円とかそれくらいしたはずです。つまり片目が1ヶ月分800円くらいするので、両目だと月1600円くらいになるはず。それに比べると両目で600円というのはかなり安いですよね・・・しかも個人的にはクオリティも十分で、つけ心地はすごく良かったです。



洗浄液も買ってみた


さて、このタイプのレンズだと他に必要なものが一つ。それが洗浄液。


洗浄液もフィリピンにはいろいろな種類があります。一つが日本にもある、Renu(レニュー)
他にも薬局に行ってみるとスペイン産のもの、フィリピン国内で作ったものなどがあります。



価格の順番で見ると、やはりRenuが一番高く、日本と同じサイズのものが一本350Pします。
次に安いのがスペイン産のもので、220Pほど。
あとはフィリピン国内のブランドが続き、200Pとなっていました。

どれも一度は買って使ってみたのですが、気のせいか一番安いもののほうが高いものよりもつけ心地がいい気がしました。

値段が変わる理由は、中身というよりも輸入品か・国産品かというだけで決まるのかもしれません。



中でも最後に破格のものを見つけました。なんと155Pの洗浄液があったのです。アヤラ内の別店舗、Marcury Drug内に置いてありました。見た目やデザインは30年くらい前のクオリティでしたが、使ってみたところ中身は全く他のものと遜色がなく問題ありませんでした。

これで、結果的に280Pと155Pで1ヶ月分のレンズと洗浄液を買うことができ、満足しました。一番良かったのは、行列に並ぶことも全くなしに10分くらいで両方合わせて買えたことです。この気軽に行ける感覚ってとても大きいと思いました。

みなさんも、コンタクトやカラコンをお探しのときはアヤラにあるEOへどうぞ!


ジュンペイ