セブ島留学での必需品、ドライヤーはどこで買えるのか? | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2019.03.29

セブ島留学での必需品、ドライヤーはどこで買えるのか?


こんにちは!ジュンペイです!

さっそくですが、セブ島に旅行や留学で来てから「日本から持ってきたドライヤーがなぜか使えない」といった経験をされている方はいらっしゃいませんか?

フィリピンの電圧は日本の約2倍となっており、そのせいなのか、変圧器を使っても「電源が入らない」「機能しない」という声を多く聞きます。

「フィリピンではどこでドライヤーが買えるんですか?」という声が皆さんから多く上がってきたので、今回はドライヤー事情について調べてみました。



日本製ドライヤーに関する衝撃の事実



のっけからですが、ドライヤーに関してここで1つ事実をお伝えします。

なんと、日本製ドライヤーは、海外では使えません。というのも、設定された対応電圧が違うからなんだとか。


とても参考になったブログ記事を発見したのでご紹介したいと思います。


日本の電圧は100Vですが、フィリピンは220V、欧米圏は120V〜と電圧が異なります。
日本で売られているドライヤーやコテなどの電化製品は日本仕様なので、海外でそのままコンセントに挿すとバチっと音を立ててすぐに壊れてしまいます。
プラグ形状が同じなので、大丈夫!とそのまま挿して電源を入れると一瞬で壊れてしまうのでご注意ください。
※ドライヤーやコテは変圧器を通しても壊れます



StudyIn さんが書いたセブのドライヤー事情に関する記事




ネット通販で調べてみた


https://www.abenson.com/small-appliances/personal-care.html?hair_care_type=843


Abenson.com にて、さっそくドライヤーをオンラインで取り扱っているか調べてみました。

すると、さっそくたくさんの商品がヒット。



メーカーもPanasonicから海外ブランドまで数多くの物が揃っており、値段はおおよそ1000P~5000P程度。
Panasonicでも安いものだと950Pから販売しています。
「留学中の短期間、少しだけ使えればいい」という方にはちょうどよいかもしれません。



実際の店舗の場所



IT Parkから最も近くでドライヤーを買える場所となると、思い浮かぶのが2つ。


一つは、アヤラモールの家電屋さん・Abenson。もう一つは、JYスクエアの薬局、ワトソンズ。

この薬局チェーンのワトソンズは美容商品にも力を入れていて、ヘアアイロンやドライヤーなども取り扱っています。

Lahug・JYスクエアはIT Parkからタクシーで5〜10分で行くことができるので、近さを考えると非常におすすめな場所です!



Abensonはアヤラの3階に入っており、TVや洗濯機と言った家電全般が立ち並ぶかなり大きな店舗となっています。

詳細はこちら。アヤラモールは店舗が多すぎるため、レセプションの人に道を聞いたり、案内板を使って自分で調べてから行くのが迷わず行くためのコツです。




フィリピンの人はドライヤーをあまり使わない?


フィリピンの美容文化はどうやら日本と少し違うようです。

というのも、あまりドライヤーを使う、という人を見ません。

特にセブは、湿気がある気候もあるせいなのか、女性も男性もドライヤーを使っているという人はほとんど聞いたことがないくらいです。

きっと、ドライヤーをしても外を歩くと湿気ですぐに髪がうねるため普及しないのかもしれません。マニラなどの、建物などがより整備されている都会ではわかりませんが。


その代わり、街中でよく見るのは髪が濡れている女性。

特に朝など、時間がないときにパッとシャワーを浴びて、髪を濡らしたまま通勤する女性もいます。そのせいか、ドライヤーの熱で髪が痛むというケースがあまり内容で、比較的髪がつやつやしている人が多いのも事実です。美容に関心があったりアジアンビューティーを目指している人は、そんなフィリピンスタイルを真似てみるのもありかもしれません。


ジュンペイ