セブ島留学・移住後に車を買う?マボロ地区のトヨタに行って値段やオートローンについて聞いてみました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.11.15

セブ島留学・移住後に車を買う?マボロ地区のトヨタに行って値段やオートローンについて聞いてみました

こんにちは!ジュンペイです!

昨日は

セブ島留学でバイクを買う?!購入方法やローンについて調べてみました!

という記事を書いてみました。


今日は、車編。
「海外で車を買う場合の基準って気になるな」と考えたことはありませんか?
留学生にはあまり必要のない話だと思うのですが、現地での移住や起業を考えている方には意味がある記事になるかもしれません。
そこで、ITパークからほど近いマボロ地区に大きくて存在感のあるTOYOTAの支店があったので、行って話を聞いてみました!


リクワイアメントについて聞いてみた


車はバイクと違って、現金一括購入というのはあまり現実的ではないので
さっそく店員さんにオートローンのリクワイアメントを聞いてみました。


「Can you tell me what is the requirement?」とダイレクトに聞き、テーブルへと案内されそこで説明を受けることに。

一つの書類をもらい、そこに詳細が書かれていました。こちら。



・Certificate of Empolyment
(雇用証明書。自分が勤める会社のHRに確認し手に入れる)

・3 Months Latest Payslips
(直近3ヶ月分の給与明細)

・2 Valid Government IDs
(2つの有効なID:ACR-iやUMIDなど)

・Latest Proof of Living
(住所証明、つまり電気代の請求書など)



これらに加え、給与水準が月間48000P~60000Pの範囲以上であること、
そして給与の額によりローンが組める車の種類が決まるとのことでした。あとは、実際にローンが組めるかは銀行の判断次第になるようです。


僕の収入額を伝えたところ、担当の女性Maricorから

「セダンならいけるわ、でも大きめの車は難しいかもしれないわね」

と言われました。

フィリピンではかなり大きめの車が走っているのを見るのですが、ローンで買うのは結構な収入がないと厳しいようです。なかなかハードルが高いですね。でも、セダンなら買えると聞いて、セダン好きとしては将来的には欲しいな・・・なんて思ったのも事実です。笑




フィリピンで走っているセダンは



フィリピンに来てみると感じるのは、日本と走っている車種が全然違うこと。
まあ海外なので当然ですが、売っている車種もメジャーな車種も全くもって違います。

でも面白いのは、TOYOTAなどの日本メーカーはこちらでもメジャーだということ。TOYOTA、NISSAN、HONDAはフィリピンでも健在。
あとはヒュンダイなどの韓国メーカーがセブ島を走る車の大半を占めている、といったところです。

車種に関して言うと、こちらではアクアやプリウスなどは売っていません。その代わり、全く名前の聞いたことのないモデルばかりが走っています。おそらく海外用に、それぞれのメーカーが海外専用モデルを展開しているよう。


最も有名な車種と言えば、TOYOTAのVIOSが人気です。これはタクシーにも使われているモデルでもあり、道路上の車の半分くらいはVIOSと言ってもいいぐらいかもしれません。フィリピンではとにかくタクシーが多いです。




なんとVIOSがプロモで頭金1円


そんな中、ある発見をしてしまいました。

フィリピンで最もメジャーな車と言えるTOYOTAのVIOS。

ローンの表を見てみると、今なら頭金がたったの1円で買えるということが判明。

下の写真の、上から二番目のまとまりの、「VIOS」の「60Mos」という部分を見ると1という数字が目に入るはずです。



月々の支払いを見るとだいたい2万ペソ前後(=約4万円)

そしてこの支払いに関しては60ヶ月払なので5年間。大体、日本でセダンに乗っていたときも同じくらいの支払い額だったので日本でもフィリピンでも同等の価格ということですね。フィリピンの給与スタンダードでこの支払いをこなしていくのは正直かなり大変。なので車が欲しいなら起業したほうが良いと思いました。(社長には内緒です笑)



検討中の方は渋滞を加味した上で判断を


僕は昔から車が大好きなので正直なところめちゃくちゃ欲しいです。

でも、セブに来て迷うのはあまりにもヘビーな渋滞。

朝や深夜なら超快適に移動できるのですが、ラッシュ時になると車ではほとんど身動きが取れません。バイクならまだ、車をよけながら進めるので速いのですが。

実際、セブで過去に車を持っていたけど手放したというセンパイが僕の周りには何人もいます。理由も本当に納得です。

そういった意味でも、お金と時間にかなり余裕がある方向けなのかなと思いました。


ジュンペイ








この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索