セブ島留学で財布をなくしたときは・・・ITパークのマクドナルドで財布を落とし、奇跡的に保管されていた話 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.11.16

セブ島留学で財布をなくしたときは・・・ITパークのマクドナルドで財布を落とし、奇跡的に保管されていた話

こんにちは!

ジュンペイです!


セブ島留学でありがちというか、懸念されているのは治安の悪さ。
やはり海外そして途上国というだけあって、スリや置き引きなどが日常的にあるのは事実です。


実は昨日、自分もマクドナルドで財布を落としショックな目にあったのですが
なんと奇跡的な結末が待っていました。


その一部始終と、フィリピンでモノをなくしたときにまずやるべきことや事後処理に関してまとめてみました!



昼間のリラックスタイム



僕は最近、食事はいつもマクドナルドで食べています。アメリカンな食事スタイルが昔から大好きで、日本にいるときもほぼ同じような生活を送っていました。※ちなみに超健康です


昼休憩に行くのも、例外なくマック。
ITパークには2つもマクドナルドがあるので選択肢が豊富です。笑

そんな中、いつもお昼時にはテラス席で日焼けをしながらバーガーとLサイズセットを食べるのが僕のスタイル。目の前はヤシの木で、南国を感じながら食べるフライドポテト&バーガーもまた格別。

昨日は、最近日焼けをしていなかったこともありエネルギーチャージのため少し長めに日焼けをしていました。早めに食べ終わったので、20分ほど目をつぶりながら。

ちなみに今回の主役である僕のお財布は、隣のイスの上(20cmくらいの距離)に、スマホを乗せて更にその上から脱いだポロシャツをかぶせて外から見えないようにしておきました。さらに、後ろがすぐに窓の席になっており、イスの下においた持ち物は、高さからして外の歩行者から見えることはありません。その上、ポロシャツをかぶせておきいつでも手の届く範囲に置いておいたので、3重のセキュリティーをかけていました。



3時間後に気づく


午後2時から再び仕事だったのでオフィスに戻り、業務をしてました。
5時ころに、バッグの中を見たときに始めて「あ、サイフがない」と気づいた自分。

その時の記憶では、マクドナルドからオフィスまで持ち込んだような気もしていたので、どこでサイフを失くしたのかわかりませんでした。
2時にオフィスに戻ってすぐに社内のお手洗いに行ったので、「洗面台に置き忘れたか?」と思ったのですが、定かではない状態。

セキュリティやハウスキーパーに相談するも、心当たりはないとのこと。

フィリピンスタッフのボス的存在、Mr.Harwilに相談すると、「マクドナルドに行ってビデオレコードをチェックしたらどうだ?」と言われたので、仕事終わりに行くことに。



ポリスレポートの準備を始める


とはいえ、頭の中では「もうサイフが戻ってくることはないな」と思い、早々に対策を打っていました。幸い現金はほとんど入っていないタイミングだったので、失ったのはキャッシュカード&デビットカードと、フィリピンで取得したID。発行まで少し大変だったのでそれだけが悔しかったですが、切り替えてすぐにカード停止やID再発行の手続きをしました。

仮に生徒さんが同じ状況になった場合、海外保険の申請のために必要になるのがポリスレポートです。簡単に言うと盗難届で、警察に事情を説明し正式な書類にスタンプを貰う必要があります。これがあれば、保険の内容にもよりますが盗難として保険会社に申請できるので、場合によっては補償が得られることも。

ただ、一人でポリスレポート取得を行うのはなかなか大変でハードルは高いです。

QQEnglishではフィリピンのスタッフがたくさんいるため、「たまにどうやって申請したら良い」というコツを教えてくれることもあります。一人で全く知らないことをやるのとは違って、とても助かります。



夜7時にマクドナルドへ



さて、仕事が終わりさっそく例のマクドナルドへ。

カウンターに行き、ダブルチーズバーガーLサイズセットを頼み、ついでに

「Maybe I lost my wallet in the seat outside around 2 PM, so if possible can I check the video record later?」

と聞きました。



2回くらい伝えた後にマネージャーが出てきて対応して頂き、

「I think we have your wallet in back office」とのこと。

どうやらサイフはあったようです。

予想外の展開に驚きました・・・!

フィリピンではなくしたものは絶対戻ってこないと思っていました。なぜなら自分が去年に一度サイフもパスポートもiPhoneも一度になくしたことがあるからです。

どうやら今回は、オフィスに戻る際にうっかり自分で落としてしまったよう。拾ってくれた店員さんに感謝です。フィリピンに来てから、これほどラッキーなことがあったのも初めてでした。

色んな人に助けてもらったので、本当に感謝を伝えたいです。



世界中で信頼されるマクドナルド



それにしてもマクドナルドはすごいですね。生徒さんから聞いた中では、ITパーク内のレストランで携帯やサイフをなくして返ってないことが大半だと聞いていたのですが、まさか返ってくるとは。スタッフの自分でも驚きました。

世界中のいたるところに店舗があり、全世界で驚異的な売上を上げているマクドナルド。その裏にはやはり信頼があってこそ成り立っているんだと思います。フィリピンでも安定感のある美味しさを毎回楽しめるのは、信頼できる企業だからこそですよね。

今回おサイフが返ってきたサプライズもそうですし、信頼という部分について自分もしっかりやっていきたいと感じたきっかけでした。


ジュンペイ















この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索