セブ島留学で役立つ交通機関〜ITパークからの路線バスBeepが誕生しました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

セブ島留学・フィリピン留学ならQQEnglish
スタッフのつぶやき

2019.01.18

セブ島留学で役立つ交通機関〜ITパークからの路線バスBeepが誕生しました


こんにちは!ジュンペイです!


留学生の皆さんだったりこちらにお住まいの日本人の方は、ITパーク周辺にお住まいの方も多いかと思います。

でも周辺にモールってあまりなくて、買い物に行くとしたらガイザノカントリーモールかアヤラモール、またはJYスクエアの3つくらいになるのではないでしょうか。アヤラに行く場合、タクシーに乗っていくことが多いかと思います。でもぶっちゃけると、近いか?と言われるとちょっと遠くてわざわざタクシーを捕まえるのも面倒だったりしますよね。セブの物価は安いとは言え、タクシーって往復だとご飯代くらいするし・・(笑)


そんな中、どうやらセブシティ内では新しい取り組みが今年から始まり、新しく誕生した青いバスによってITパークからアヤラの近くまで行けるようです。厳密に言うとアヤラモールの目の前で降りるわけではなく、すぐ近くになるのですが。今日は、僕が実際に乗ってみたのでその方法と感想をご紹介します!



2019年から新しい取り組みが


まず、この青いバスに関しては最近二人から噂を聞きました。一人目は、フィリピン人の友達。もうひとりは、職場の先輩であるマナカさん。最近青いバスを頻繁に目にするそうで、実際に僕も見る機会が増え気になっていました。気になったのでセブのニュースサイトを調べてみると、このように書かれていました。



フィリピンのニュースサイト・サンスターより
https://www.sunstar.com.ph/article/1779723


(ニュースから抜粋した内容を日本語訳)



「見出し:34のシートとエアコンとインターネット。未来のジプニーがついに始動。

バスの中には24の座席があり32人が座れます。さらに、エアコンだけでなくインターネットもついており、料金は5キロまでなら初乗りが8P。その後、○キロごとに1.5Pが追加されるというもの。フィリピン国内では、「未来のジプニー」として期待が高まっているこの乗り物は、現在の大きな問題である深刻な道路渋滞と排気ガス汚染を緩和する目的で実施されています。

乗客はエアコンが利いて、さらにジプニーよりも広い車内で快適に過ごすことができます。また、ジプニーとは違ったルートを移動しているためジプニーと商売での競争になることもありません。」



このように、セブのみならずフィリピンでは期待が高まっている青いバスなのです。確かに、在住歴1年の僕からすれば、仮にこの件を知らなかったとして友達から突然「エアコン付きで広いバスにたった8Pで乗れるんだよ」と聞いたら、衝撃を受けるでしょう。日本ではもちろん当たり前ですが、フィリピンからするとかなり画期的なことなんです。




IT Parkからアヤラまでのバス停一覧はこちら


実はこのBeep、セブシティの中に複数のルートがあります。
一つは、IT Parkから発車してCity Hallまで行くルート。もう一つは、Banawa地区から、マボロ地区のSYKESという企業が入っているビルまで行くルートの2つがあります。





実際に乗ってみた


実は今週日曜日に噂を聞いてから早速乗ってみました。

乗り場所は、IT ParkのGarden Blocから。IT Park内でたくさん飲食店が入っている緑の公園の近くです。




こちらのPark Socialの近くからバスに乗っていきます。



こちらがバス停。ちょうど、QQEnglishのビルの斜め向かえにあるので、見つけやすいです。周りから見ても目立つ場所です。

ここに立っていると、夜は5分間程度の間隔でバスが来ます。青くて大きいので見つけやすいです。たまに、遠くへ行くための黄色くてとても大きいバスが来るのですが、アヤラやCity Hallに行くのはそれではないのでご注意下さい。



少し待っていると、先ほどの青いバス、Beepが来ました。もうすぐ発射するところだったのですが、駆け込んでみたらドアを開けてくれました。でも、停まることはなく動きながらだったので乗り込むのはなかなかハードです。(笑)




車内に入ってみると、噂通りエアコンが効いていて快適。シートも数があり、20人は座れそうです。テレビも付いていて、なかなかいい作りになっていました。日本のバスの半分くらいの大きさで、海外版でコンパクトで新しくしたような感じです。これで8Pでいろんな場所に行けると思うと、なかなかいいものだと思います。



降りた場所と降り方


僕は家の近くで降りたので、乗っていたのは5分もしないくらいだったのですが、かなり快適でした。僕は夜車内が空いている時間帯だったので家の近くである、PETRONガソリンステーション(ザ・ギャラリーの近く)で降りました。上に載せたバス停を参考にされるといいと思います。


ジュンペイ