近くて安くて行きやすいセブ島付近の海、マクタンニュータウンビーチに行ってきました | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.09.21

近くて安くて行きやすいセブ島付近の海、マクタンニュータウンビーチに行ってきました

こんにちは!朝から日焼けして調子絶好調のジュンペイです。

実は先週の土曜日も日焼けをして来ました!その時はマクタン島の海でした。

まず、入り口をくぐるとこんな感じ。


clr_br('')

少し進んだ先から見えるビーチは、こんな感じです!






最も新しい街マクタンニュータウン



少し話を巻き戻して・・・ビーチまで来る途中の道についてお話します。

まず、セブシティからのアクセスについて。基本的にはタクシーでもいいのですが、安く行きたいならSMから出る空港行きのシャトルバスが50Pで乗れるので、バスに乗ったあと空港からタクシーに乗り換えると安く行くことが出来ます!または、慣れた人なら近くのマリーナモール付近でニュータウン行きのジプニーでもOKです。(QQEnglishでは生徒さんがジプニーに乗ることを推奨していません!)


このビーチがある場所はマクタン島で一番栄えていてビルもある、マクタンニュータウンを超えた先。マクタン島のホテルを除き、唯一ビルが集中した場所。オフィスビルやコンドミニアムが現在も建設中で、特に中国人がここに会社を持っていたり、コンドミニアムを所有しているようです。歩いているのをよく見かけます。



マクドナルドやスターバックスもあり、マクタンとセブ両方を含めてもかなり新しい街になっています。薬局やスーパーもあり、気候にも恵まれ過ごしやすいので人気がある場所。お金持ちも多いです。



歩いて15分ほどかけて、ビルを超え荒れ地を抜けるとビーチに着きます。途中にある荒れ地は、都会から来た人にはぜひ一度見てほしい景色。圧倒的な開放感とワイルドさを感じられる道になっています。凸凹の道ですが、バイクで二人乗りで来るとテンションが上がりそうですね。




ビーチに到着したらやること


さあ、この標識が見えたら2分もかからずにビーチに到着です。



森の中を進むと、右側にゲートが。この日は僕らの前に日本人の観光客らしき方がいました。



入場料は一人200ペソ。平日だと150ペソ。あとから知ったのですが、すでにセブで働いている人はこの受付でIDを見せると50Pの割引があるとかないとか。試してみてください。この女性にお金を支払ったあと、腕にバンドを巻いてもらいます。


いよいよ中へ突入

ではではさっそく中へ。右側には、でっかいサーフィンボードが。スタンドアップパドル用らしいです。


入り口のロゴが、確実にインスタを意識しています。

海とワンコ


かわいい



家族連れに人気なビーチ


海はキレイでコスパがいいです。ただ、有名で住宅地も近いので常に人で賑わっています。なのでカップルで二人きりになりたい場合は他のビーチやリゾートのほうが良いと思います!


ぶっちゃけるとマクタン島の他の安いビーチだと波が荒かったり全然青くない海もあるんですが、このビーチはエメラルドグリーンのキレイな色をしていて、波もそんなに激しくないので泳ごうと思えば結構奥まで泳ぐことが出来ます。自分は173cmで、奥まで行ってギリギリ足が着くかつかないか?くらいの高さでした。

ちなみに、海側に引かれている遊泳禁止ラインの近くにはイカダ?(プラスチック製)が浮かんでいます。そこを目標に泳いでいく人も多く、たどり着いたフィリピン人はそこから一人ずつジャンプコンテストのようなことをして遊んでいました。自分も、快晴の日にそのイカダに寝そべって青空を堪能していたのですがマジで最高でした。あわよくば、そのまま寝ようかと思いました。(笑)



飲める場所もある

実はマクタンニュータウンビーチはそれで終わりではありません。

お酒やドリンクを飲めるテラス席が高台側には用意されているんです。

サンミゲルビールはもちろん、カクテルからオレンジジュースまであったと思います。さらに軽食も取ることが可能。

高めのバーカウンターに座って、海を見ながら仲間と一杯やるのも良いかもしれません。



サーフィンもできる!


有料オプションなのですが実はサーフィンもできるんです!

パドルボートが一時間あたり、600Pで貸出可能。実際にスタンドアップパドルサーフィン(立ち漕ぎサーフィン)をしているフィリピンの人もいました。「パドルボートのスピードなんて、さすがにあんまり速くないだろ」と思っていたのですが、実際に見てみるとめちゃくちゃ速くて、海の上を自由自在に移動していたのがすごかったです!

※事前のレッスンを受けることが必須かもしれないので、詳しくは現地で聞いてみてください。



貸出器具や、マクタンニュータウンビーチで遊べるメニューについてはこちらにまとめてみました。


RATES AND OTHER INFORMATION

Rentals:
• Big Tent (25 pax) – P3,000
• Small Tent (15pax) – P1,500
• Cabana (15pax) – P1,500
• Parasol – P800
• Tables w/ chairs – P500

Watersports:
• Jetski(1Hr) – P3,500
• Jetboat (15min) – P2,600
• Paddle Board (1Hr) – P600/head
• Wake Boarding (15min) – P3,000
• Banana Boat (15mins) – P3,000
• Parasailing (15min) -P2,000

Corkage Fee on Liquors:
• Imported Liquor: P100 per bottle
• Local Big Bottle: P50 per bottle
• Local Small bottle: P20 per bottle
*No corkage fee on food

OTHER INFORMATION

Pets are allowed.
No overnight stay accommodation.
Entrance fee: Php150 per head on weekdays (Monday to Friday) | PhP200 per Head on Weekends (Saturday & Sunday)
Operating hours: 6AM to 10PM daily


by https://sugbo.ph/2018/mactan-newtown-beach-resort/


個人的には、思い切り遊びたいならジェットスキーを1時間貸し切ってみることですね!
晴れた日ならきっと超エキサイティングで最高の経験になると思います。想像しただけで最高です。


ぜひお友達をつれて休日は海をエンジョイしてみてください!


ジュンペイ






この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索