RED LIZARDに行ってきました ―セブ島IT Parkでメキシカン料理を食べるならテッパンのお店― | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.11.07

RED LIZARDに行ってきました ―セブ島IT Parkでメキシカン料理を食べるならテッパンのお店―

こんにちは!ジュンペイです!

セブ島のIT Parkには、本当に数多くのレストランがあります。それはもう、レストランを見ないで歩くのが不可能と言えるほど。

24時間営業の場所も中にはあり、一晩中街の中にいても暗くなることがないのが特徴です。

さてそんな中、グルメな方、中でもメキシカンが大好きな方には是非オススメしたいお店が。今日は、生徒さんからもスタッフにも現地の人にも大人気な「RED LIZARD」に行ってきました。


オシャレで味のある店内


まず店内に入って目につくのは、入り口に置かれたリザードマンのマネキン。そして、中にはいると壁に書かれた絵のペイントが非常にいい味を出しています。フィリピンの中でもこのお店が一際目立つのは、どことなく異国の雰囲気が絵から感じ取れるからかもしれません。洗練されていてかつ、少しコミカルで慣れ親しみやすい、といった2面性を感じ取ることができます。


セブ市内に3店舗


QQEnglishでは、生徒さんとも先生ともスタッフ間でもレストランの話はするのですが、Red Lizardのことを悪く言う人はいないほど、かなり高評価のお店です。実はセブには3店舗だけと、イメージよりも少ないのですがその少なさがかえってファンには良いのかもしれません。ちなみに場所は、SM、アヤラ、IT Parkになっています。



※公式ページから抜粋



ジョリビーやマクドナルドのように、圧倒的な店舗数があるわけではないのですが、Red Lizardは隠れファンと言うか、少数だけど濃いファンが多く一部から絶対的な指示を得ています。自分はグルメか?と言われるとそこまでではないのですが、個々の料理はすべてレベルが高いと思います。ハズレを引いたことがありません。特に、辛いものが好きな方・メキシカンのタコスやブリトー、ライスプレートなどが好きな人には本気でおすすめです。

自分は日本にいるときから週一くらいでメキシカンレストランに行き、タコライスなどを食べていました。なぜかはわかりませんがタコスやタコライスなど、ケチャップとオニオンが入っているような、あのエスニックな感じが好きなんです。セブに来て実際にお店を訪れてみると日本のメキシカン料理と比べても本気で美味しいと思えたので、一回目の来店時は本当に衝撃的でした。この美味しさが毎日堪能できるのかと。笑


本格的タコスを味わえるお店


Red Lizardの最大の長所は、何と言っても本格的なタコスを味わえることです。他にも、ナチョスだって置いています。ナチョスに関してはまずサイズがラージとミニの2種類があり、オプションでミートを付けるかどうかも選ぶことができます。

実際に頼んでみると、驚き。本格的なナチョスをしっかりしたお店で頼んだことはなかったので、新鮮でした。ソースやチーズ、お肉がふんだんにもられたナチョスを目の当たりにすると、メキシカン好きな自分としては興奮を抑えきれません。

さらに、嬉しいことがもう一つ。ミニで頼んだのに、カップの下まで深々とナチョスが入っていました。下には、オプションで頼んだお肉もたくさん眠っていて、見るだけでワクワクとよだれが止まらない結果に・・・笑

いやあもう、ごちそうさまです。「メキシカン最高!!」と叫びたくなる一日でした。

レッドリザードの公式ページ・メニューはこちら



バーガー、モヒートもあります



ちなみに、この店内にあるので穴場なのはバーガーとモヒート。

実はタコス屋さんですが、ジャンボチキンバーガーだって置いているんです。一日に2回以上マクドナルドに通う僕は、メニューにバーガーがあると反射的に頼んでしまうという癖があります。今日もそんな習慣の餌食になり、無事にジャンボチキンバーガーとご対面してきました。



一口頂いてみると、その肉感とジューシーさがヤバイ・・・・

プリプリでアツアツのチキン、そして若干のスパイシーさにはオリジナルバーガーの素晴らしさを感じました。


最後に、他のテーブルを見てみるとカップルがモヒートをピッチャーで楽しんでいる様子。
おそらく自家製のモヒートを置いていて、スパイシーなメキシカンと合わせて楽しむとさぞ良い味わいだろうな、と思った次第です。


タコス・ナチョス・バーガー好きなら外せないお店。あなたも、ぜひ一度足を運んでみてください。

(ちなみにQQEnglish IT Park校から徒歩2分程度の場所にあります)


ジュンペイ



この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索