【イベント紹介】英単語の知識や思考力を使ってグループで賞品獲得を目指すゲーム | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.09.26

【イベント紹介】英単語の知識や思考力を使ってグループで賞品獲得を目指すゲーム

こんにちは!ジュンペイです!


QQEnglishでは定期的に、ステージ上でゲームイベントが開催されます。

今回行われたのは、5人ずつ2つのチームに分かれて獲得ポイントを競い、賞品をかけて戦うゲーム!


内容は、英単語のクイズに始まり文章書きとりなどさまざま。一人ひとりのレベルとチームの結束力が試されます。

僕も参加してきたのでその様子を振り返ってみます!



こちらはゲームの景品。チョコレートと、何やらいくつかの小包が。賞品は2000P相当とのこと。ただし、実際に受け取るまでは中身が何かはわかりません。勝ってからのお楽しみ・・・



こちらはチームBのメンバー。僕もチームBとして参加しました。ちなみに左はインターンのヒデさんで、いつもフロントにいます。真ん中はベトナムの生徒さん。右側は、東京からの生徒さんでちょうど前日に懇親会でご一緒させていただきました。



いよいよ時間になり。イベントが開始。司会であるMr. Walterによりまずはゲームの説明が行われます。



概要を簡単に説明すると、ステージは3つ。

1stステージから3rdステージまでがあり、あとのステージになるほど徐々に難易度が上がっていく分、ポイントが高くなるというもの。つまり、終盤で正解をたくさん取ることが出来たら勝ちに近づくということですね。それではいきましょう!



いよいよゲーム開始


さて、始まったゲーム。まず、くじを引きます。



中身はこんな感じ。お題は、「自分のチーム以外の誰かに名前・出身地・バースデーを聞き、前に出て発表する」というもの。

全員が「今回のイベントは所詮クイズだけだろうな」と思って参加していたに違いないのですが、まさかの無茶振り&オーディエンスも交えたお題。これには参加者もギャラリーもびっくり。しかし、Mr. Walterが60秒のカウントダウンを始めたため、賞品が欲しかった僕は必死に知り合いを探しました。そうです、全ては賞品のためなのです。



ふと客席を見ると友達が。ポーズを撮っているのはイケメンカメラマンのジョーンズ。普段写真を撮りまくっている彼は、逆に写真を撮られるのがレアのよう。僕がカメラを向けると非常にいい笑顔を見せてくれました。

「いやいやそんなことより、60秒のカウントダウンをしているのに、写真を撮っている場合か!!」というツッコミをしてくれた方、ありがとうございます。その通りです。

そしてジョーンズの左隣に見えるのは以前一緒にアイランドホッピングにも行ったMs.Chu。(50人くらいの大規模なイベントでした)



そして、その隣にいるのはゲイの先生ということで有名なあの人が・・・



そうです。Mr. Darwinです。学校内ですれ違うと毎回ナンパされます。(最近は少し回数が減ってきたので安心。)

何とこの写真、そんなダーウィン先生の衝撃的な瞬間を捉えてしまったんです。もしかしたら、いや多分、自分は天才カメラマンだと思います。

多分、予想ですがカバンから何かを取り出そうとしている瞬間を激写してしまったと思うのですが、それにしてもこの表情はいったいなんなんだ?と、あとからジワジワ思えてきます。この体のポーズは、むしろギターを弾いているようにも見えてくる・・・この表情で。(笑)

そんなダーウィン先生に協力してもらい、僕らチームBは無事ポイント獲得することが出来ました!!



ゲームの結果



本当ならゲームの詳細を書き綴ろうと思ったのですが、長くなったのと、あまりにもMr. Darwinが衝撃的だったので割愛することにしました。

結果的に、勝ったのはチームA。賞品は何と、5人全員に映画チケットをプレゼントという太っ腹企画。


ちなみに僕らは100P分のお食事券を獲得しました!しかも、フィリピンで美味しいチキンレストランのクーポン券。体作りをしている僕にとっては映画券よりもありがたかったです。ゲームに協力してくれたみなさん、ありがとうございました!





ジュンペイ



この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索