須藤元気校長と行ったオランゴ島アイランドホッピングの様子 | フィリピン留学・セブ島留学ならQQEnglish。英語の上達最優先!

スタッフのつぶやき

2018.08.31

須藤元気校長と行ったオランゴ島アイランドホッピングの様子

こんにちは!ジュンペイです!


留学生活、勉強も大事ですがちゃんと息抜きしていますか?
Work hard. Play hard という言葉にならって、遊ぶときにはとことん遊ぶのも大事ですよね。


QQEnglishでは隔週でアイランドホッピングツアー/オスロブでのジンベイザメツアーを実施しています。
8月19日に実施したオランゴ島へのアイランドホッピングでは、須藤校長も参加されました!


南国の島にある真っ白な邸宅で水中バレーをやったり、シュノーケリングも行ったのでその様子を振り返ります!


 

 

スタートはここ、シーフロントキャンパスの海辺。この日はITパーク校からも25名ほどが参加し、なんと総勢50名ほどの参加になりました・・・!元気校長のインパクトは絶大です。



まずは、沖合で待っている大型船に乗るため、5人乗り程度の小型ボートに乗り込みます。



皆さん無事、大型船に集合し、記念写真!この日は天気にも恵まれ、女性の皆さんは晴れやかな笑顔で微笑んでくれました!!



爽やか&素敵なスマイルありがとうございます!



QQE TeachersのMs. Chuと Mr. Jhordanも、ご機嫌です!



船首からの眺めは、広大な海が見渡せて格別なものでした。見ているだけで気持ちが安らぎます。



さあ、今回は大学生がメインだったこともあり、皆さんとてもエネルギッシュ!


さっそく船首での記念撮影です!



船首のすぐ近くの広いスペースでリラックスされている方もいました!


ここで海を眺めながら昼寝なんかもいいですね。



 

さあ、オランゴ島に到着し、プライベートリゾートである「カサブランカ」に到着。


夢のような環境で、鼻血が出そうでした。



さっそくプールにダイブして、バレーや飛び込みを楽しむみなさん。


この後、須藤校長もバレーに参加されていました!その光景はまさに青春以外の何物でもありませんでした。



プールサイドで、ハイチーズ!



その後、ランチを頂きました!快晴の中、プールサイドで頂くランチは格別です。



さあ次は、ひろーい裏庭でのアクティビティ。


Mr. Jhordanがゲームの説明を英語で行い、皆さん一人一人その場で聞き、理解します。



まず最初のゲームは、水風船ゲーム。


元気さんチーム、ライコウさんチームに分かれて、1列になりパスしていきます。



ただし、水風船は非常に割れやすく、最後の人まで渡せるか?というのがポイント、そして多くの風船をカゴに入れたチームが勝ちです。



さあ、ゲームスタート!1番手のライコウさんが、パスします。



みなさん要領を掴んできたようです。2個目、3個目とどんどん風船が来ます。



列の最後に待っていた方。ここでのキャッチは重要です。



ライコウさんチームはテキパキ進み、時間終了までに結構な数の風船がたまっていました。12個はあります。



お次は元気さんチーム。女性が多く華やかなチームでした。次々パスが進んでいきます。



ナイスコンビネーション!



負けず嫌いな僕は、パスをもらう前についつい気合が入って叫んでしまい、前にいた女の子が笑ってパスできなくなってしまいました。



こちらが元気さんチームの結果。8個  結果:ライコウさんチームの勝ち!



 

くそう、負けた悔しさは綱引きで晴らす!!


ということで、体育会系男子が集まる元気さんチームの本領発揮です!(奥側)



ヤシの木✕綱引きという画はなかなかレアかもしれないですね。


そんなこと言ってる暇もないほど、みなさんガチでバトルしていました!



結果は、2回とも元気さんチームの圧勝!



そしてラストは、モノマネゲーム!先生からお題を与えられて、両チームとも共通のテーマを演じ、よりリアルに再現できたほうが勝ち、というものです。

1つ目のお題は・・・「Classroom」


生徒さんが机になったり先生を演じたりと、表現は様々です。



対して元気さんチーム。やはり表現方法が体育会系でした!



ジャッジを務めるMs. Chu。さあ、判定は・・・?



勢いで圧倒する元気さんチームが勝ち逃げか・・・?どっちなんだ・・・・



Ms. Chu ”Winner, Raiko San Team”



「オーマイガー!!!」と言いたいところでしたが、それはさておきみんなで集合写真。

「THE 夏休み」みたいな写真です。



さあ、最後はシュノーケリング。マクタン島へ帰る途中に、船員がアンカーを下ろし、スタートします。



ゴーグルも着用し、準備万端です!



さあ、海へダイブ!



ペアでもダイブ!



このあたりには熱帯魚もたくさんいて、水面下はきれいな世界が広がっていました。



お友達と、エメラルドグリーンの中シュノーケリング。悪くない休日です。



広々とした海をシュノーケリング。リフレッシュには最高の過ごし方だと思います。



無事、船に戻られた生徒さん。お疲れ様でした!



そして、長旅を終えQQEnglishシーフロント校に到着。

毎週土曜日には隔週で2種類のツアーを実施していますので、ご興味ある方は各キャンパスのフロントまでどうぞ!



 

 

 

ジュンペイ

この記事を書いた人

ジュンペイ

北海道・札幌出身。寒すぎる冬と正反対の南国にずっと憧れを持ち、満を持してセブ島へ。雪国で育った夏男。 なんと誕生日が海の日。そのかいあってか、去年の夏は週5で海に通う。 座右の銘は、「迷ったら日焼け」

最近の記事

検索